【元ネタ】史実
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】張良・子房
【性別】男性
【身長・体重】165cm・59kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力:E 耐久:E 敏捷:D 魔力:A+ 幸運:B 宝具:A
【クラス別スキル】
陣地作成:B
 魔術師として自らに有利な陣地「工房」を作成可能。
 閉鎖的な工房ではなく、地の利を生かした即席の幕舎を作成する。

道具作成:A
 魔力を帯びた器具を作成可能。
 張良が作成できるのは道教に通じた神仙にまつわるものに限られる。

【固有スキル】
神算鬼謀:A
 人智が及ばないほど優れた策略、戦略を生み出す天賦の才。
 謀を帷幄のなかにめぐらし、千里の外に勝利を決したと高祖に言わしめた。

軍師の忠言:A+
 状況を把握、分析することでより味方側に正しい助言を与えることができる。
 窮地に陥った劉邦に幾度となく助言をし漢による天下統一に貢献した。

帝王作成:EX
 君主の器を持つ者を補佐することで互いの欠落を補完するスキル。
 後世においては、我が子房や今世の張良と称され君主を補佐する者の鑑とされる。

【宝具】
『王道示黄石公(おうどうしめすこうせきこう)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1~40 最大捕捉:100人
 黄石公の予言通りに、後世に手に入れた黄石。
 真名解放によって、『太公兵法書』に黄石の魔力炉心を組み込み結界を展開、
 疑似的な神仙エネルギーによって周囲にいる自軍の兵士を覆い尽くす。
 この結界宝具によるエネルギーの影響を受けた者は、飽く迄疑似的なものではある物の、
 一時的に“神仙”化し、魔力の消費率が完全にゼロに抑制される。
 その間の魔力消費は炉心が賄うが、任意で宝具対象外の者へと押し付けることも可能。
 だが、炉心の魔力を多用し続けると、黄石はいつしか限界を迎え、オーバーヒートを引き起こす。
 そうなってしまうと、冷却期間中は宝具の真名解放ができなくなってしまう。