アイドレス4:ナツメヤシ果樹園

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: ナツメヤシ果樹園 RD:12 評価値:6
    • 大部品: ナツメヤシの特性 RD:5 評価値:3
      • 部品: 少雨に強い
      • 部品: カロリー豊富
      • 部品: 保存に適する
      • 部品: 種子の利用
      • 部品: 日陰樹
    • 大部品: 栽培の手法 RD:7 評価値:4
      • 部品: 人工授粉
      • 部品: 枝への支え
      • 部品: 袋掛け
      • 部品: 老木の伐採
      • 部品: 植樹
      • 部品: 雄株雌株のバランス
      • 部品: 灌漑



部品定義


部品: 少雨に強い

ナツメヤシは乾燥、少雨に強く、砂漠地帯でも育つため、西国の貴重な食糧源として重宝される植物である。塩にも強い。

部品: カロリー豊富

ナツメヤシの果実は比較的高いカロリーを持っているため、主食として食べることにそれなりの適性を持っている。

部品: 保存に適する

ナツメヤシの果実は長期保存ができるため、旅糧としても適しており、また乾燥させた粉を使った保存食も存在する。

部品: 種子の利用

ナツメヤシの種子は動物に与える飼料としてであったり、石鹸や化粧品用の油を取る用途で利用することができる。

部品: 日陰樹

葉が大きく広がり、下を日陰にする。このため、下はある程度の涼しさを確保することができ、そこで別の植物が育てられる場合もある。

部品: 人工授粉

風によって自然受粉もできるが、果樹園では生産性の問題で人工授粉を行う。はしごなどの器具を使って木を昇り、人の手で受粉させていくことになる。

部品: 枝への支え

大量に受粉させ結実させると枝に掛かる負荷が大きくなるので、折れてしまわないように下支えを行う必要がある。

部品: 袋掛け

鳥などの害獣や天候から果実を守るため、結実した果実ひとつひとつに袋を掛けてやることで保護を行っている。

部品: 老木の伐採

幹を支える力が弱くなってきた老木については、倒れる危険が出てくるため様子を確認しながら伐採する作業が行われる。

部品: 植樹

脇芽を切り取り、植えて育てることによって苗を作り、植え替えて大きく育てていく。この方法であれば、雄株雌株の別が最初から分かっているためバランスが崩れない。

部品: 雄株雌株のバランス

雄株1につき雌株10~100ぐらいのバランスで植えられた状態にしている。十分な花粉を確保しつつ、生る実の量を多くするため工夫が行われている。

部品: 灌漑

ナツメヤシが乾燥に強いとはいえ、水は当然必要である。このため、地下水路を掘って水源から水を引いてくることで蒸発を防いで水を得ることが行われる。



提出書式


 大部品: ナツメヤシ果樹園 RD:12 評価値:6
 -大部品: ナツメヤシの特性 RD:5 評価値:3
 --部品: 少雨に強い
 --部品: カロリー豊富
 --部品: 保存に適する
 --部品: 種子の利用
 --部品: 日陰樹
 -大部品: 栽培の手法 RD:7 評価値:4
 --部品: 人工授粉
 --部品: 枝への支え
 --部品: 袋掛け
 --部品: 老木の伐採
 --部品: 植樹
 --部品: 雄株雌株のバランス
 --部品: 灌漑
 
 
 部品: 少雨に強い
 ナツメヤシは乾燥、少雨に強く、砂漠地帯でも育つため、西国の貴重な食糧源として重宝される植物である。塩にも強い。
 
 部品: カロリー豊富
 ナツメヤシの果実は比較的高いカロリーを持っているため、主食として食べることにそれなりの適性を持っている。
 
 部品: 保存に適する
 ナツメヤシの果実は長期保存ができるため、旅糧としても適しており、また乾燥させた粉を使った保存食も存在する。
 
 部品: 種子の利用
 ナツメヤシの種子は動物に与える飼料としてであったり、石鹸や化粧品用の油を取る用途で利用することができる。
 
 部品: 日陰樹
 葉が大きく広がり、下を日陰にする。このため、下はある程度の涼しさを確保することができ、そこで別の植物が育てられる場合もある。
 
 部品: 人工授粉
 風によって自然受粉もできるが、果樹園では生産性の問題で人工授粉を行う。はしごなどの器具を使って木を昇り、人の手で受粉させていくことになる。
 
 部品: 枝への支え
 大量に受粉させ結実させると枝に掛かる負荷が大きくなるので、折れてしまわないように下支えを行う必要がある。
 
 部品: 袋掛け
 鳥などの害獣や天候から果実を守るため、結実した果実ひとつひとつに袋を掛けてやることで保護を行っている。
 
 部品: 老木の伐採
 幹を支える力が弱くなってきた老木については、倒れる危険が出てくるため様子を確認しながら伐採する作業が行われる。
 
 部品: 植樹
 脇芽を切り取り、植えて育てることによって苗を作り、植え替えて大きく育てていく。この方法であれば、雄株雌株の別が最初から分かっているためバランスが崩れない。
 
 部品: 雄株雌株のバランス
 雄株1につき雌株10~100ぐらいのバランスで植えられた状態にしている。十分な花粉を確保しつつ、生る実の量を多くするため工夫が行われている。
 
 部品: 灌漑
 ナツメヤシが乾燥に強いとはいえ、水は当然必要である。このため、地下水路を掘って水源から水を引いてくることで蒸発を防いで水を得ることが行われる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "ナツメヤシ果樹園",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "ナツメヤシの特性",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "少雨に強い",
             "description": "ナツメヤシは乾燥、少雨に強く、砂漠地帯でも育つため、西国の貴重な食糧源として重宝される植物である。塩にも強い。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "カロリー豊富",
             "description": "ナツメヤシの果実は比較的高いカロリーを持っているため、主食として食べることにそれなりの適性を持っている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "保存に適する",
             "description": "ナツメヤシの果実は長期保存ができるため、旅糧としても適しており、また乾燥させた粉を使った保存食も存在する。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "種子の利用",
             "description": "ナツメヤシの種子は動物に与える飼料としてであったり、石鹸や化粧品用の油を取る用途で利用することができる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "日陰樹",
             "description": "葉が大きく広がり、下を日陰にする。このため、下はある程度の涼しさを確保することができ、そこで別の植物が育てられる場合もある。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "栽培の手法",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "人工授粉",
             "description": "風によって自然受粉もできるが、果樹園では生産性の問題で人工授粉を行う。はしごなどの器具を使って木を昇り、人の手で受粉させていくことになる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "枝への支え",
             "description": "大量に受粉させ結実させると枝に掛かる負荷が大きくなるので、折れてしまわないように下支えを行う必要がある。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "袋掛け",
             "description": "鳥などの害獣や天候から果実を守るため、結実した果実ひとつひとつに袋を掛けてやることで保護を行っている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "老木の伐採",
             "description": "幹を支える力が弱くなってきた老木については、倒れる危険が出てくるため様子を確認しながら伐採する作業が行われる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "植樹",
             "description": "脇芽を切り取り、植えて育てることによって苗を作り、植え替えて大きく育てていく。この方法であれば、雄株雌株の別が最初から分かっているためバランスが崩れない。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "雄株雌株のバランス",
             "description": "雄株1につき雌株10~100ぐらいのバランスで植えられた状態にしている。十分な花粉を確保しつつ、生る実の量を多くするため工夫が行われている。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "灌漑",
             "description": "ナツメヤシが乾燥に強いとはいえ、水は当然必要である。このため、地下水路を掘って水源から水を引いてくることで蒸発を防いで水を得ることが行われる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]