※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○ペーパー


  • 100問のペーパークイズです。
  • 制限時間は30分です。
  • 前半50問は1問1点、後半50問は1問2点(その代わり難問)、計150点満点です。
  • 大会中に採点し、早立ち5R前に結果発表を行います。
  • 各地区の上位に順位点(☆)。なお%については「端数四捨五入」とし、同点の方は同順位とします。
1位 ☆20
2位~上位10%以上 ☆15 *15人未満の場合は2位のみ
上位10%未満~30%以上 ☆10 *15人未満の場合は3~4位
上位30%未満~50%以上 ☆5 *15人未満の場合は5~7位
  • また、全国共通のランキングも後日発表します。

○早立ち


  • 「早立ち」の詳細は3-3.「早立ち」とは?を参照ください。既存のクイズイベントを御存知の方は「早押し機を使わない早押しボード」をイメージいただければ幸いです。
  • 1セットあたり50分もしくは30問限定です。細かく言えば、45分経過時点で行われている問題をセットの最後とし、以降は新しい問題を出題しません。
  • 問題文の途中、わかった時点ではっきりと「はい」と言いながら起立いただきます。どなたかが立ったら、その時点で問題の読み上げをストップします。
  • 立った方は手元のフリップに答えを書いていただきます。
    他の方は待機いただきます。
  • その後、問題を最初から最後までお読みします。
    なお、「立った方」は、この時点で答えを修正することはできません。

正解 誤答
起立し、問題文の途中で書く +4 -4&次の問題起立できず(最後まで聞いての解答は可)
起立せず、最後まで聞いて書く +1 ±0

  • 少数正解の場合のボーナスは特にありません。ただし、少数正解は「殿堂入り」として掲示し、名誉を讃えます。(殿堂入りの基準は、当該セットの参加者の「10%以下(四捨五入)」とします)。

  • +20に到達した人から順位点(☆)を授与します。同時に+20以上になった場合は「点数が高い方」が上位、それも同じならば順位点を折半(小数点1桁を四捨五入)とします。
1抜け 2抜け 3抜け 4抜け 5抜け 6抜け 7抜け 8抜け 9抜け 10抜け 11抜け以降
☆20 ☆17 ☆14 ☆12 ☆11 ☆10 ☆9 ☆8 ☆7 ☆6 ☆5
  • なお、最終限定まで読まれた場合、問題の読み返しは行わず、その時点で全員書いて頂きます(立っていない方は、全員「挙手」という扱いとします)。なお、何をもって最終限定かは、司会がジャッジします。
  • 問題文を読み切って3秒以内に誰も立たない場合、「スルーボード」に移行します。
    「最後まで読む」のと同じく、正解+1、誤答±0です(挙手での回答はできません)。

抜け番


  • 早立ち6ラウンドのうち、1-2ラウンドは「抜け番」とし、兼任スタッフ・参加者ともにプレーヤーとしては出場しません。
  • 「抜け番」のラウンドでは、兼任スタッフの方は司会・問読みなどのスタッフ業務、一般参加者の方は休憩時間とします。
  • 何ラウンド抜け番に回るかは、「司会・問読み・得点係」が何セット用意できるかによります。その地域の参加者で出られるラウンド数は、兼任スタッフ、一般参加者ともに同じとなります。
 スタッフの人員が多い東京は1ラウンド抜け番(5ラウンド参加)、人数の少ない地方は2ラウンド抜け番(4ラウンド参加)を想定しています。
 (もちろん、司会・問読みで6セット用意できれば、それだけ多く参加できるのでベストです)


◎順位決定

  • ペーパー・早立ちでの順位点を合計し、トップの人が優勝とします。(ただ、ペーパーは別枠でチャンピオンとする案もあり、この点については未定です。この場合、「ペーパーのチャンピオン」と「早立ちのチャンピオン」の両方が各地域で誕生する形となります)
  • 各地域はそれぞれ独立した大会とし、合算してのチャンピオンは決めません。開催地区分のチャンピオンが誕生することになります。
  • また、それとは別に、後日「ペーパー全国上位者」「少数正解者」を表彰します。