イシュタム【いしゅたむ】

元ネタは恐らくマヤ神話の自殺を司る女神。

死の神、または冥界の神と称するメンヘラ気味の女性。
自殺志願者の介錯を喜びとしており、特に首吊りを好む。
大変な長寿でもあり、晩年は玄孫のイシュキックと共にレジスタンスを率い収容所に抵抗するなど、若き日とはまた違った一面も見せる。

露出度の高い服装も好むが下ネタは苦手な模様。
巨乳説・貧乳説など諸説あるが、この件について公式見解は明らかになっていない。

カテゴリ:無所属・その他