モノ外伝

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モノの生い立ち


モノが自分の過去について語る
もちもちがかいた悲しい話 ( ;∀;)イイハナシダッタナー
そういえばもちもちはどうなのか聞いてないな

台本

もちもち

登場人物

  1. モノ
  • もちもち
  • キノコ

+ 内容はこちら
番外編 Mono the history 『モノの生い立ち』

~バグハウス~

餅「そういえば、モノの人生って聞いた事がなかったおね」

モノ「あれ?そうだったっけ?」

餅「うん。だから聞かせてくれお」

キノコ「ききたいききたい!」

モノ「そうか…たしかそれは十数年前の事だ…」



俺はとある白黒の町で生まれた。
その町の人々は周りの町からは迫害され、
俺達は奴隷としてこき使われていた。

そして俺も誕生し、7歳の時から働き始めていた。

餅「7歳!?」

キノコ「ふぇぇ…」

自分は炭鉱で働いていた。
丁度同じ場所で親父も働いていた。

餅「お母さんはどうしたんだお?」

…俺を産んだ1年後に過労死で死んだよ。
男は働き、女は子供を生み育てるだけの毎日だった。

そして13歳くらいのある日、親父が腰を痛めた。

~~~~

親父「あいたた…腰が…腰が痛い…」

モノ「だ、大丈夫か親父!」

親父「大丈夫だ…これくらい…休めば治る…」

モノ「うう…親父ぃ…」

~~~~

しかし親父の腰痛はただの腰痛ではなかった。
後で分かった事だが、背骨を酷く損傷していたらしい。

~~~~
モノ「親父…死なないでくれよぉ!」グスッ

親父「モノ…よく聞け…」

親父「ここの…近くに…秘密の地下道がある…」

親父「そこを通って…逃げろ…」

モノ「でも親父が…」

親父「なあに…どうせ…すぐ死ぬ身だ…」

親父「別れが恋しいなら…こいつを持って行け…早く…!」

~~~~

そして俺は親父の形見であるこの帽子を持って逃げた。
遠く遠くへ…

餅「その帽子にそんな秘密があったなんて…」

そして数年の月日がたった。
持っているものは、親父の帽子と炭鉱で使っていたこのハンマーだけだった。

そしてある日、もちもちと出会ったんだ。

~~~~

餅「!?誰か倒れているお!」

モノ「うう…もう…ダメだ」バタリ

餅「ととととととりあえず連れて帰るお!」

~~~~

あの時もちもちが助けてくれなければ
俺は死んでいただろう。
もちもちは命の恩人なんだ。

餅「そんなこともあったなぁ…」

キノコ「へー」


モノ「…と言う訳だ。俺も苦労したんだよ。」

餅「グスッそんな事があったなんてお」チーン

キノコ「かなしいおはなしだね…」グスッ

モノ「まあ今はお前らが居るから毎日が楽しいけどな。」

モノ「そう…あの辛かった日々を忘れそうになるくらい、な…」

END

感想

最初は白黒の人間が生まれて酷い苛めをうけ
そして逃げ出した的な展開にしたかったが
ハンマーと帽子の意味を作るためにこうした
結構いい話になりますた





名前:
コメント:
最終更新:2012年06月27日 08:42
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。