魔法のカンテラ

部品構造


  • 大部品: 魔法のカンテラ RD:6 評価値:4
    • 部品: 魔法のカンテラとは
    • 部品: 日常生活に
    • 大部品: 灯りの魔法 RD:4 評価値:3
      • 部品: ささやかな光
      • 部品: 杖の先
      • 部品: 初歩的な修行
      • 部品: 松明の代わりに



部品定義


部品: 魔法のカンテラとは

カンテラは通常石油の入ったブリキの壺に綿糸の芯を通して、これを燃やすことで光源とするガラス張りの道具だが、これは綿芯の代わりに灯りの魔法を込めた魔石を使っている。
火を使わないので火災の危険性がなく、環境にも優しい。


部品: 日常生活に

森国では玄関口や、室内灯、街灯などにに使われている。リビングなど広い部屋には、いくつか連ねたシャンデリアのように使ったり、そもそもサイズを大きく作ったりして光量を調整している。
玄関先に吊るしてあるものは、そのまま持ち歩いても使えるものが多い。

部品: ささやかな光

初歩的な魔法であり、魔法への適性が低くても杖などの補助があれば使用できる。手元を照らしたり、夜道や暗所を歩く時に足元を照らすことができる。

部品: 杖の先

基本的には杖の先に光を灯す。他にも宝石など、魔法を込めたものを使用した装飾具で代用できることもある。

部品: 初歩的な修行

魔法の練習を始めてすぐに習う魔法の一つ。簡単ではあるが、少量とはいえ魔力を持続的に使用する必要があるので、修行にはもってこいの魔法である。

部品: 松明の代わりに

洞窟など密閉空間で火を燃やすことは酸素の消費を増やし、また災害の際など周囲の確認のために火を使うことが危険な場合がある。そういった場合にこの魔法があればその危険性を回避することができる。



提出書式


 大部品: 魔法のカンテラ RD:6 評価値:4
 -部品: 魔法のカンテラとは
 -部品: 日常生活に
 -大部品: 灯りの魔法 RD:4 評価値:3
 --部品: ささやかな光
 --部品: 杖の先
 --部品: 初歩的な修行
 --部品: 松明の代わりに
 
 
 部品: 魔法のカンテラとは
 カンテラは通常石油の入ったブリキの壺に綿糸の芯を通して、これを燃やすことで光源とするガラス張りの道具だが、これは綿芯の代わりに灯りの魔法を込めた魔石を使っている。
 火を使わないので火災の危険性がなく、環境にも優しい。
 
 
 部品: 日常生活に
 森国では玄関口や、室内灯、街灯などにに使われている。リビングなど広い部屋には、いくつか連ねたシャンデリアのように使ったり、そもそもサイズを大きく作ったりして光量を調整している。
 玄関先に吊るしてあるものは、そのまま持ち歩いても使えるものが多い。
 
 部品: ささやかな光
 初歩的な魔法であり、魔法への適性が低くても杖などの補助があれば使用できる。手元を照らしたり、夜道や暗所を歩く時に足元を照らすことができる。
 
 部品: 杖の先
 基本的には杖の先に光を灯す。他にも宝石など、魔法を込めたものを使用した装飾具で代用できることもある。
 
 部品: 初歩的な修行
 魔法の練習を始めてすぐに習う魔法の一つ。簡単ではあるが、少量とはいえ魔力を持続的に使用する必要があるので、修行にはもってこいの魔法である。
 
 部品: 松明の代わりに
 洞窟など密閉空間で火を燃やすことは酸素の消費を増やし、また災害の際など周囲の確認のために火を使うことが危険な場合がある。そういった場合にこの魔法があればその危険性を回避することができる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "魔法のカンテラ",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "魔法のカンテラとは",
         "description": "カンテラは通常石油の入ったブリキの壺に綿糸の芯を通して、これを燃やすことで光源とするガラス張りの道具だが、これは綿芯の代わりに灯りの魔法を込めた魔石を使っている。\n火を使わないので火災の危険性がなく、環境にも優しい。\n",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "日常生活に",
         "description": "森国では玄関口や、室内灯、街灯などにに使われている。リビングなど広い部屋には、いくつか連ねたシャンデリアのように使ったり、そもそもサイズを大きく作ったりして光量を調整している。\n玄関先に吊るしてあるものは、そのまま持ち歩いても使えるものが多い。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "灯りの魔法",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ささやかな光",
             "description": "初歩的な魔法であり、魔法への適性が低くても杖などの補助があれば使用できる。手元を照らしたり、夜道や暗所を歩く時に足元を照らすことができる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "杖の先",
             "description": "基本的には杖の先に光を灯す。他にも宝石など、魔法を込めたものを使用した装飾具で代用できることもある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "初歩的な修行",
             "description": "魔法の練習を始めてすぐに習う魔法の一つ。簡単ではあるが、少量とはいえ魔力を持続的に使用する必要があるので、修行にはもってこいの魔法である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "松明の代わりに",
             "description": "洞窟など密閉空間で火を燃やすことは酸素の消費を増やし、また災害の際など周囲の確認のために火を使うことが危険な場合がある。そういった場合にこの魔法があればその危険性を回避することができる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月30日 00:12