■IsHelper【自身がヘルパーであるか】

▼概要
自身がSC-/Helperであるかを確認する。
(引数)をつけることで、引数のHelperIDを持ったHelperであるかを確認。

▼情報・書式
IsHelper ;bool型
  • 自身がHelperであれば1を、それ以外では0を返す。
IsHelper(引数) ;bool型
  • 自身が引数のHelperIDを持ったHelperであれば1を、それ以外では0を返す。
    • 引数はInt型,整数で入れること


■Lv1-記述例・補足・注意点

記述例
[State 1280, is helper]
Type = changestate
Trigger1 = IsHelper
Value =1280 + Ifelse( IsHelper(1280) , 0 , Ifelse( IsHelper(1281) , 1 ,2 ) )
  • ステート内で本体とヘルパーの区別できる他、
  • ヘルパー同士を区別して別々の処理をさせる場合にも使われる。
    • 例えば基本処理が同じHelper型飛び道具でいくつか若干挙動が違う場合、
      ステートを別にせず、IsHelperで分岐させると記述が楽。

補足
  • 基本的に使用する必要がない。
  • ただしSC-/Helper使って細かい処理を行う際必要となる。

注意点
  • 特になし