消費カロリーと脂肪燃焼比率との関係   

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

www.fatoff.jp/lib/sibou1.htm

より

 
-----------------------------------------------------------
「脂肪が燃える感覚を養う」
-----------------------------------------------------------
 
「運動ってやっぱり がんばらないと脂肪が燃えない!」と考えてる方が多い
と思います。
 
歩くなら 平たんな道より 坂道とか、
歩くより 縄跳び とか、 やっぱり 走らないと脂肪が燃えない とかです。
ここでみなさんが 基準にするのは 消費カロリーです。
 
例えば 1時間歩いて200kcal なら 坂道1時間歩いたら 300kcal 
縄跳びなら 600kcal 走ると 450kcal なら
カロリーをたくさん消費した方が たくさん脂肪が燃えると考えるからですよね
でも ここには見えない大きな問題がかくれています。
 
消費カロリーが増えれば単純に脂肪がドンドン燃えるわけではなくて 運動の
強さによって 消費カロリーは糖が何% 脂肪が何% という燃え方の割合が
違ってきます。
 
これは その人の 脂肪を燃やせる能力によって かなりの個人差があるの
ですが
 
一般的な  (1時間あたりの消費カロリーと脂肪の燃えた比率)
 
         1時間の消費カロリー   脂肪燃焼比率    脂肪の消費
--------------------------------------------------------------
歩く      200kcal         70%                  140kcal
坂道を歩く      300kcal                    40%                      120kcal
        縄跳び          600kcal                    12%                        72kcal
   ランニング          450kcal                     20%                        90kcal
---------------------------------------------------------------
 
どれがいちばん脂肪が燃えたかわかりますよね
 

これが 仮に高橋尚子さんなら
 
         1時間の消費カロリー   脂肪燃焼比率    脂肪の消費
--------------------------------------------------------------
歩く      200kcal          70%                   140kcal
坂道を歩く      300kcal                     70%                      210kcal
        縄跳び          600kcal                     70%                      420kcal
   ランニング          450kcal                     70%                      315kcal
---------------------------------------------------------------
 
こんな感じで 縄跳びがいちばん脂肪が燃えてるということになります
 
つまり どれだけ脂肪を燃やせるかは かなり個人差があるということです。
個人差とは 脂肪をどれだけ燃やせるか(有酸素能力です)
 
つまり 単に消費カロリーだけみても どれだけ脂肪が燃えてるかは分からない
といことです。
 
でも これって 自覚できないから わかりにくいですよね?
 
完璧ではないですが かなりの確率でわかることがあります。
 
----------------------------------------------------------------
汗のかき方で 脂肪が燃えてるか 燃えてないかがわかるんですね
汗のかき方で 糖が燃えてるか 脂肪が燃えてるか がわかるんですよ
-----------------------------------------------------------------
 
例えば 急に運動すると 顔から急に熱くなって汗が出ることってあるでしょ?
一方 ゆっくり運動していくと カラダの芯からだんだん ぽかぽかと暖かくなること
って経験したことあるでしょ?
 
ここが ポイントです。
 
顔から熱くなるなるときは 大体 糖が燃えて脂肪があまり燃えてません。
逆に ぽかぽか とだんだん暖かくなるときは 脂肪がドンドン燃えてると考えていいと
思います。
 
どうですか? 思い当たることあるでしょ?
急いで 運動しても 急に運動しても 脂肪が燃えてない可能性が高いということです。
 
高橋尚子さんはたぶん 縄跳びしても「心地いい」感覚で 運動できると思いますが
みなさんが 縄跳びをすると かなりきついと思います。
 
キーワードは「心地よさ」です。
 
これは 自分の感覚で分かることなので 是非 みなさん 意識してみてください。
せっかく 努力してるなら 効果のある方を選びたいですよね。
ムダな努力だけは 避けましょう。
 

ムダな努力してるときや ムリな努力してるときは ほどんど基礎代謝が下がって
ます。
逆に 「心地いい」運動は基礎代謝が上がりやすく 脂肪も燃えやすいです。

 


www.mag2.com/m/0000128590.html

より

 

体脂肪コントロール成功法!(FATOFF) RSSを登録する

体脂肪コントロールFATOFFはダイエットではありません! 元世界チャンピオンで現在体脂肪コントロール教室運営の佐々木豊が「標準体重のあなた!」のために適正体脂肪を安定させるためのコツ(特別な健康食品はいらない、特別な運動器具もいらない)を伝授します。   発行者サイト

  • 0000128590
  • 無料
  • 911部
  • 2010/01/07
  • 全て公開
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 不定期

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。