※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【X】【左】メンバ変数

 部品のX座標(左端の位置)を表します。
 部品をレイアウトする時に、X座標を指定することで、他の部品との並びを調整したりできます。
 X座標は最も左が0で、右へ行くほど値が大きくなります。
 X座標は親部品との相対座標です。
 例:親部品母艦(フォーム)の場合
     部品のX座標は、クライアント領域?におけるX座標。
   親部品がパネル部品等の場合
     親部品のX座標が50。対象部品のX座標が20ならば
     対象部品はX座標が70(50+20)で表示されます。

ボタンAとボタンCのX座標はともに50に設定しています。
ボタンAはクライアント領域?の左端より50右へ行ったところがX座標。
ボタンCはパネルBの左端より50右へ行ったところがX座標。

値の設定

 部品にX座標を設定する。

  • (部品名)のXは20。
  • (部品名)の左は20。

値の取得

 部品のX座標を取得する。

  • Lは(部品名)のX。
  • Lは(部品名)の左。

設定/取得できる値

  • 数値(整数のみ)


'***** サンプル *****
エディタAとはエディタ
エディタAのXは20。
「エディタAのXは{エディタAのX}」と表示。
ボタンBとはボタン
ボタンBの左は40。
「ボタンBの左は{ボタンBの左}」と表示。
'***** ここまで *****