62式軽戦車(WZ-131)(北朝鮮)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



性能緒元
重量 21トン
全長 6.231m
全幅 2.263m
全高 2.850m
エンジン 12150-L3液冷ディーゼル 430hp
最高速度 60km/h
航続距離 450km
渡渉深度 1.3m
武装 62-85TC 85mmライフル砲×1(47発)
  12.7mm重機関銃×1(325発)
  7.62mm機関銃×2
装甲 30~45mm(砲塔)
  20~30mm(車体)
乗員 4名

T-54中戦車をライセンス生産してきた中国が、そのノウハウを生かして開発した軽戦車が62式軽戦車である。全体的なレイアウトはT-54の国産型である59式戦車にそっくりだが、主砲は85mmライフル砲であるほか、車体長が50cm、同幅で30cm程縮小されており、装甲厚も減らされて重量は15tも軽く作られている。62式は中国北部の山岳地帯や南部の低地地域での運用を目的に、1958年から開発が始められた始められた。生産は1963年からNORINCOによって開始され、1978年に生産が終了するまでに約800輌が中国陸軍に配備された。現在でも本車は道路状況の悪い地域で重宝されており、500輌近くが使用されている。

85mm砲にはAP弾、APHE弾、HE弾、HEAT弾が用意されており、各弾種合計47発を搭載する事が出来る。副武装は主砲と同軸の7.62mm機関銃と装填手用キューポラに装備された対空用12.7mm重機関銃で、T-54等に準拠するものになっている。射撃統制システムについては、単純な測距目盛の入りの光学照準器しか備えておらず行進間射撃は全く不可能だ。重量の割には強力な430hpのディーゼル・エンジンを持つこともあって、機動性は59式戦車やT-54よりも良好である。

北朝鮮軍は中国から62式軽戦車の供与(購入?)を受けており、おそらく戦車旅団の軽戦車大隊に配備されていると思われる。正確な保有数は不明。北朝鮮は62式にソ連製U-5TS 115mm滑腔砲を搭載した改良型を100両ライセンス生産する計画を立案しNORINCOに打診したが、ソ連とのライセンス権譲渡交渉が不調に終わったためか実際に生産されることは無かった。

▼【参考】中国軍の62式軽戦車

【参考資料】
戦車名鑑-現用編-(後藤仁、伊吹竜太郎、真出好一/株式会社コーエー)
Chinese Defence Today


2007-09-01 01:44:34 (Sat)