ハイナン型哨戒艇(海南型 > 037型)(北朝鮮)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


▼海上自衛隊のP-3Cが撮影した北朝鮮のハイナン型哨戒艇

性能緒元
満載排水量 430t
全長 58.77m
全幅 7.40m
主機 ディーゼル 4基 4軸(8,800馬力)
速力 28kts
乗員 78名

【兵装】
対潜ミサイル 81型改対潜ロケット / RBU-1200 6連装発射機 4基
近接防御 66式 77口径57mm連装機関砲 2基
  61式 25mm連装機関砲 2基
爆雷 BMB-2爆雷投射機/爆雷投下軌条 2基(30発)
機雷   12発

【電子兵装】
航海レーダー 351型(Pot Head) 1基
チャフ DK-16 2基
ソナー Tamir-2 1基

中国が旧ソ連のSO-1型をベースに開発した哨戒艇。北朝鮮は1975~1978年にかけて6隻を購入した。北朝鮮の哨戒艇としては比較的強力な兵装を持ち、初歩的な対潜攻撃能力も有している。しかし船底に装備している引き込み式のTamir-2ソナーは、高速航行中(12ノット以上)は聴音不能になる。351型対水上レーダー(NATOコード:Pot Head)の最大探知距離は約70kmで、潜水艦のシュノーケルは5~6kmで探知可能。北朝鮮は海南型6隻全てを西海艦隊(黄海)に配備しているという。

【参考資料】
Grobal Security
Jane's Infomation Group
北朝鮮軍の全貌(光人社)
最新朝鮮半島軍事情報(講談社)


2009-05-31 21:51:13 (Sun)

添付ファイル