サーバ振り分け実験

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これは何?

  • 以前に渡り鳥が行ったサーバ振り分け実験の結果と考察です。
  • サーバの振り分けが時間に応じて 1 から 10、21 から 30 のように上昇し、最後まで行くと 1 に戻る傾向が見えていたため(参考)、この法則性を確認することと、この周期がどのくらいの時間に対応しているかを確認すること、を目的に実験を行いました。

実験の方法

  • 2009 年 1 月 xx 日に実行。(当時はまだサーバ番号が、システムタブで確認できた。)
  • PC 外部の時計を用い、20 秒間隔でブラウザの更新ボタンを押し、広場サーバへの接続を切り替え、つながった広場サーバの番号を記録した。

広場サーバ接続切り替え実験の結果

  • 結果 (更新時間と広場番号) を以下に示す (下のリストを見るだけで法則性が分かると思います)。
  1 時 25 分 00 秒 > 25 番
  1 時 25 分 20 秒 > 43 番
  1 時 25 分 40 秒 > 49 番
  1 時 26 分 00 秒 > 65 番
  1 時 26 分 20 秒 > 70 番

  1 時 26 分 40 秒 >  5 番
  1 時 27 分 00 秒 > 27 番
  1 時 27 分 20 秒 > 44 番
  1 時 27 分 40 秒 > 50 番
  1 時 28 分 00 秒 > 63 番
  1 時 28 分 20 秒 > 83 番

  1 時 28 分 40 秒 >  6 番 ← 最大サーバの変動にもかかわらず、ばらつきが小さい
  1 時 29 分 00 秒 > 29 番
  1 時 29 分 20 秒 > 46 番
  1 時 29 分 40 秒 > 61 番
  1 時 30 分 00 秒 > 68 番
  1 時 30 分 20 秒 > 87 番 ← 最大サーバが変動しているために、ばらつきが大きい

  1 時 30 分 40 秒 >  5 番
  1 時 31 分 00 秒 > 26 番
  1 時 31 分 20 秒 > 45 番
  1 時 31 分 40 秒 > 50 番
  1 時 32 分 00 秒 > 66 番
  1 時 32 分 20 秒 > 85 番

  1 時 32 分 40 秒 >  5 番  
  1 時 33 分 00 秒 > 28 番
  1 時 33 分 20 秒 > 45 番 ← 序盤までは開いている最大サーバが小さかった
  1 時 33 分 40 秒 > 62 番
  1 時 34 分 00 秒 > 81 番 ← 途中からサーバ番号が増える速度が上がっている
  1 時 34 分 20 秒 > 90 番 ← 最大サーバ番号が変動していると推測される。

  1 時 34 分 40 秒 >  6 番
  1 時 35 分 00 秒 > 28 番
  1 時 35 分 20 秒 > 46 番
  1 時 35 分 40 秒 > 62 番
  1 時 36 分 00 秒 > 67 番
  1 時 36 分 20 秒 > 84 番

考察・まとめ

  • 1 回広場サーバが巡るのにかかる時間は 2 分であった。
  • 開いている最も大きい番号の広場サーバは、短時間で変動する。そのため、大きい番号のサーバほど、周期ごとの時間のずれが大きくなり、狙って行き難くなっている。
  • 一方、番号が小さいサーバでは、最大広場サーバの変化の影響を受けにくいため、2 分周期でページ更新 (サーバ切り替え) を行えば、ピンポイントで到達できる。
最終更新:2009年02月13日 01:19
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。