※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • スリザリンの継承者
死んだ時に神様のミスがあり、お詫びとしてハリポッターの世界で闇の帝王の娘に転生。
特典として月姫の直死の魔眼をプレゼントしてもらう。
今の所ハリーの友達になって原作をなぞっているだけ。


  • ここからが本当のDSだ
気が付いたらデモンズソウルの世界にトリップしていた主人公が、
原作ゲームをひたすらダイジェストでなぞる。
デモンズソウル編が終わったらダークソウル編のダイジェスト。
15話でようやく終わって、別作品にいざクロスというところでストップ中。


  • おおうつけもの(戦国BASARA)
オリキャラの女主人公(長曽我部家に仕えてる家)と長曽我部元親が結婚するまでの話。完結済み。
結婚相手を誰もちゃんと主人公に言わないせいで、
主人公が誰と結婚するか分からないでテンパるというお約束の展開つき。展開自体はべたで、変に奇をてらっていないので安心。
地の文は一人称。文章はちゃんとしていると思うので、背中がかゆくなりそうなべたな恋愛物が好きなら大丈夫だと思う。
元親のキャラは(少女漫画的カスタムが入ってる気もするが)割と原作のイメージに近い。
作者のサイトに結婚後の話もあるというので、これが気に入ったら読みにいくといいかもしれない。


  • 恋唄
こちらも女主人公で恋愛物。原作は戦国BASARA。主人公は武田の姫。相手は幸村になるとのこと。
最近始まったばかりのためまだ1話しかないが、女性向けの恋愛物が読めるなら追いかけてみても良さそう。
文章の書き方はこちらもちゃんとしていると思う。地の文は一人称。
最初のページに、今後時々ブラック幸村が降臨するという注意があるが、
どこまで腹黒な振る舞いをするかで地雷度が変わって来そう。
ちなみに、一話の段階で台詞が多い佐助のキャラは割と原作に近い印象。


  • STRIKE WITCHES‐[戦車と魔女・Panzer-und-Hexe]
【作者名】茄子
【URL】ttp://ncode.syosetu.com/n7821n/
【原作】ストライクウィッチーズ
【長さ】長編?(現在16話) 
【状態】連載中

【感想】
扶桑陸軍に入隊し、素質が十分にあるので航空歩兵の訓練を受けるも
ユニットを複数破壊。素質はあるので捨てるにも惜しいと
アフリカに厄介払いもかねて飛ばされたオリ主が
手違いで陸戦ウィッチにされてしまう話。


  • ダイの大冒険でよろず屋を営んでいます
ダイの大冒険二次。ドラクエ9仕様の採取と錬金釜による合成能力を持ってトリップした男主。
アイテムで原作メンバーを裏方支援するというコンセプトのはずだったのに普通に魔法習得し
ダイパーティに加わって活躍するようになったあたりでギブアップ。
初期も自分しか作れないレアものだからと値段を釣り上げるなど嫌らしい行動が目立つ。地雷。


  • 囲碁る
ヒカルの碁の二次創作。
神様転生、一人称。最強ではないがチートあり。
内容は薄いが、珍しい題材ということもあり暇つぶしとしてなら読める。
というわけで暇つぶしにどうぞ。

いくら題材が珍しいからってこれはねーわ

典型的な空行短文使いでわろた


  • よこしまほら
【原作】GS美神極楽大作戦
【長さ】長編
【状態】連載中
【紹介理由】にじファンでGSだと神代ふみあきが一番読みやすい
【地雷条件又は注意事項】
 誤字が多い。ホントに作品の事知ってるのか疑わしくなるレベル。
 あと御多聞にもれず1話は短いが、そこはにじファンだし諦めろ。
 手を広げて一個も完結して無いが、そこはにじファンだし諦めろ。


  • ランスIF 二人の英雄
ランス1からスタートする珍しい作品
最初から原作と変わるのを作者が恐れた為か、1と2はほぼ原作通り
そのせいでオリ主は空気になっており、ランスの下僕兼金蔓になっている
感想欄見ていても、ここで切った奴が結構居そう。俺もここでいらいらして一度切った
毎日更新していたので久しぶりに見たら、3から独自路線で面白くなっていた
ただそうすると今度はランスの出番を奪っているので、そこが合わない人もいるかも
主人公は人類の中では最強に近いが、人外の化け物が大量にいるのであまり気にならない
上でも書かれているが、ちょっと人が増えすぎているかも
まあこれは原作からしてそうなのだから仕方が無いが 要は何が言いたいかというと、かなみが無茶苦茶可愛い


  • ボーカロイドの休日
ボーカロイドが、アンドロイドとして実在していたらという、再構成もの。
無駄な改行が多く、ホイール摩耗注意があるものの、30000文字声とボリュームありで、
一人称ではあるものの、地の文もあるので個人的に、スコップ復活。
正直、どうしてこれが26位なのか不思議に思う。もうちょっと、順位が高くてもいいと思うが、
こればっかりはポイントを入れる層が、ボーカロイド好きには少ないからだろうと思う。
ボーカロイド好きなら、読んでおいて損はない一品。


  • 誓い (犬夜叉)
殺生丸×りん 。個人サイトにありそうな、恋愛色強めもの。
上記のカップリング好きなら、けっこういける。


  • SWORD WORLD RPG CAMPAIGN 異郷への帰還
作品ジャンルは現実来訪系、行先はロードス島
TRPGをやっていた男二人女一人が使用キャラに憑依する設定
ぶっちゃけ俺は名前しか知らないんだけどファンタジー世界への迷い込みものとして普通に読めた
ちなみに主人公格の三人は割といい年で中年のおっさん+同世代の夫婦の組み合わせ
最強モノであることと中身中年おっさんがラブコメすることに耐えられれば面白い


  • 俺の名はウルフマン(キン肉マン)
キン肉マン2次という事で興味を惹かれて読んでみた。
ウルフマン(リキシマン)となったオリ主が頑張るお話
にじふぁんやなろうでよくあるタイプの一人称で話が進むので、
具体的には、転生したオリ主がその世界に産まれる作品に見られる
時間の流れが早く、淡々としていて、どこか傍観者を気取っている感じの奴です。
修行や恋にバトルとカッコイイ事やってるけど、見てくれが力士だと思うと虚しさが漂うな。
俺はもう原作の内容を殆ど覚えてないのであまり詳しい事を言えないが、
こういうのもあるよという宣伝でした


  • 世界樹の迷宮 光求めし者達
まず題名をクリックしたら、あなたの視界を緑が覆い尽くす事でしょう。
この時点で読む気分がだいぶ削がれると思うが、我慢してほしい。
ストーリーは独自解釈による3竜死後の、世界樹を探索する冒険者パーティーの話。
誤字脱字が若干ある、地の文は多めで雰囲気が出てて良い
主人公の性格は体は冷静、心は熱いタイプの手練で、2話で説教かます所で賛否分かれそう。
まだ4話しかないが、主人公たちが手練なせいで、危機に陥る事が無い。今後も期待できないかも
読む場合、1話のエトリア伝承はスルーしていい
俺はこういう雰囲気が好きなので、危機に陥らなさそうな所以外は面白かったです。


  • 三千世界の鴉は死せず
ACfaをメインとしたクロス小説。
基本的にはオムニバス形式となっており、各話ごとにそれぞれ異なる作品とクロスをしている。
クロスする作品は主にメカ物が主体だが、例外もあり。また、特別編扱いでfa単体の話もある。
基本的にはクロス先の世界観にACfaの設定を入れてみたというスタンスであり、その関係上fa側の設定に時々変更があるため、人によってはそこがネックとなると思われる。
faクロスなだけあり、戦闘がメインの話がほとんど。戦闘は基本的にネクスト、或いは企業側優位に運ばれるが、無双というわけでもなく苦戦したり、不満の残る結果に終わるなどもあるので、バランスが…取れてる?
文章の構成も安定したつくりになっていると思うので、「コンセプトは良いのに文が…」ということはあまりないと思われる。
ただしその逆の「文は良いのに内容は…」というのは、個々人次第かと。
割とライトな作りという風なので、軽いスナック菓子感覚で読むのがベストかと。
以下注意点としては――
  • クロス先に合わせるために、fa側の設定に大抵変更がある。(国家解体戦争が無かったり、一部組織の概要が違ったり)
  • 主人公(首輪付き)が一人の明確なキャラクターとして設定されているので、ゲームの極めて希薄なキャラ性が好みと言う人には向かないかも。
  • 先述した通り、ネクスト側が優位であることが多いので、クロス先ファンは不満を感じるかもしれない。
  • 一部キャラ(特にカラード上位ランカー)のキャラが色々と(個人的主観で)愉快なことになっているが、これもやはり駄目な人は駄目かもしれない。
以上。改めて言わせて頂くが、そこまで奥深く考えずに暇な一時を手軽に潰す軽い感覚で読むのが吉。
練り込まれた設定や、硝煙漂う重々しさなどを期待している方にはお勧めできない。
個人的に面白かったポイントを上げるとすれば、マブラヴオルタクロスで人類側がBETAを蹂躙するという珍しさ。
後、リリウム可愛いよリリウム。


  • フォンフォン一直線(鋼殻のレギオス)
理想郷発の作品なため、もしかしたらタイトルくらいは知っているという人はそれなりに居ると思われる。
アニメ化で一時期盛り上がったが意外と早く下火になり、意外と数は少ないだろうレギオス小説の中でもさらに少ない、純粋なレイフォン×フェリ二次。
原作一巻のみドラゴンエイジ掲載の漫画版「MISSING MAIL」(通称フェリ同人)の展開を使用しているが、後は基本的に原作通り。
割と早期からレイフォンがフェリを意識し始めて、フェリもまた同様。そして二巻最後で告白。無事くっついたと。後は見事なカップルに。

注意点としては、ニーナに憑くはずだった廃貴族メルニスクがレイフォンに憑くため、レイフォン無双系ニーナほぼ要らない子(リーリンもまぁ…)になってること。
このあたり人によっては受付ないかもしれないが、原作のレイフォンのウジウジさが無くなってる分マシとも言えるかもしれない。
あと、原作七巻のフェリ誘拐騒動に関しては、この作品の中で一番人を選ぶポイントと思われる。
文章に関しては理想郷発だけあり、にじファンの中ではかなりマシな方なので特に問題はないかと。
また、原作六巻中盤あたりでレイフォンとフェリの関係をさらに進める事態が起こるが…敢えて言うまい。
とりあえずレイフォン×フェリが読みたい人は一度眼を通して見るといいかも。
なお、スコップへの影響度に関しては人それぞれと思うので明確に言及はしない。多分大丈夫とは思うが…


  • 鋼殻のレギオス とある戦争屋のお話
あらすじの「勝者となりうる権利」でいきなりひびが入る。
内容も開始直後からぶっ飛んだ設定が出たり、唐突に女の子が落ちたりとなかなかに厳しいものがある。
視点変更が頻繁に入り、読点の使い方も甘い。1巻分ずつ上げるらしいので、致命的なところでエタる事はないと思う。
あとタグを見ればわかるが、チートかつ百合なので注意。


  • Star Ocean3 After Story
SO3の本編アフター小説。シーハーツに残った主人公組の話がメイン。
元々個人サイトに掲載していた作品の転載。
知っている人は知っていると思うけれど、この手の小説の例にもれずオリキャラ・半オリキャラが多数出てくる。
マイナーなカップリング(フェイト×クレア)ともども受け入れられれば楽しめるんじゃないのかと思う。

オリキャラ達の話がメインになっている。
また、最初のキャラ紹介はネタバレなしと書いてあるが読み進めるまでは目を通さないことを推奨。


  • To LOVEる とらいあんぐる?花園は蜜の味?
ハーレムでオリ主。主人公はリト達の後輩で西連寺春菜の幼馴染で弟的存在。
ララ・モモ・ナナが一緒に来る展開は珍しい。でも原作が原作なので話が薄くなってしまっていてがっかり。
文章的には即バックって訳じゃないのでよい。…が一つしか使ってないけどどうでもいい。
これからの展開に期待。


  • 魔法界の災難
ダーズリー家の近所に住んでる発明好きの少年(名字がグリフィンドール)が主人公のオリ主もの。
料理スキルがかなり高く、ダドリーを餌付けしている。
文章力はそれなりにあるが、コメディとしてもファンタジーとしてもちと物足りなさを感じる。
まあ血筋の時点でかなり設定が面倒になるのは明白だし、今後にそれを上手く調理できるかできないか期待って所だと思う。


  • T103~タイラント物語~
【原作】バイオハザード
タイラントに憑依という一風変わった発想の作品。神は出ないので安心してくれていい。
タイラントに憑依ではあるがクローンの大量生産品なのでタグに最強と書いてはある(確か)が普通に苦戦するため、見応えはある。
所々に原作と違いが多くあるが基礎は同じ。おそらく単なるバタフライ効果のためイレギュラーは主人公以外にほぼない。
敵側にネメシスさんがしつこいほど出てくる。俺あんま好きじゃなかったのにファンになった。
ネメシスばっかだったが途中でパパンも登場。主人公は雑魚に苦戦はせず、主に肉体戦。
武器もその内持つらしいが、まだ出ていないので肉体のみ。尚、喋れないので主人公は筆談。
言い忘れてたが主人公は正規サイド。Side使いであったが、途中で卒業。ヒロインはレベッカだと思われる。
中々に面白い。地雷要素は限り無く少ないが、趣味は分かれるかも。