ルルブのワールドセクションに記載されていない事項を中心に書きます。
予めそちらを把握の上お読み頂ければと思います。


●GARDEN日本事務局
代表者:秋月俊朗

日本事務局は諸勢力に先駆けて憑依能力者を保護する方針を固めた。
後述するH∴H∴H∴や"ソロモン"よりも早く世界中に散っている憑依能力者を保護するべく奔走している。
彼らの主張は、「憑依能力者も、同じ人間である。彼らにもまた守られるべき人権がある」という物である。
日本事務局が性急に方針を固めたのは、現代表である秋月の任期満了が迫っていることも要因の1つだろう。
秋月自身、同じGARDEN内、こと同じ日本事務局内に於いても、憑依能力者に対して様々な見解を持つ者が居ることを十二分に理解しているのだ。
その上で、自身の任期内に憑依能力者に対して世論が理解を示してくれるよう尽力している。
現在、選抜された精鋭メンバーが異世界であるアトラタンに赴いている。
記憶や精神世界に介入するH∴H∴H∴のラフィンに対する対策として「アンチダークマター」というマジックアイテムを入手するためだ。
アンチダークマターの錬成には希少な材料をアトラタンの世界中を巡って集める必要がある。
アトラタンの世界を巡りながら、新たな味方と共に更なる戦乱に身を投じることとなる。


●セイヴァー
代表者:パラディン

GARDEN日本事務局が各支部とは別に設置した特務機関である。
彼らの使命は、日本事務局の意向に沿って、憑依能力者を迅速に保護することである。
現在、多様な立場の者たちが集っている。
非オーダーのオズワルドが長を務め、日本事務局、ジュネーブ本部、防衛軍、学園都市、玉響女学院、アルタイル、異世界人etc...
本来であれば決して手を取り合うことのない組織の者同士が手を取り合い、平和の為に戦っているのだ。
アンパンマン曰く、「これこそが世界のあるべき縮図なのかもしれない」とのこと。


●関東支部
代表者:パースエイダー

セイヴァーのバックアップや後方支援を北関東支部が行なっている。
備品や施設の提供の他に、保護した憑依能力者の措置や仮の戸籍作成等、その内容は多岐に渡る。


●ディアン
代表者:ブレインダイバー

セイヴァー同様、日本事務局に設置された特務機関。
極めて高い技術を持った医療集団であり、ケースNで重傷を負った患者や、
何らかの事情で秘匿する必要のある患者を秘密裏に治療している。
長のブレインダイバーは"ネフィリムコア"と呼ばれる球体を被験者の人体に埋め込むことで、
憑依能力者を人工的に作成することができる。


●GARDENジュネーブ本部
代表者:???

スイスのジュネーブに設置されたGARDENの総本山。
憑依能力者に対しては今後の活動方針を未だ決めかねている。
日本のように地域ごとに支部を設置するのではなく、
大小様々な規模で構成されている特務機関を無数に設置し国中を放浪させている。
一見すると連携が取りづらい様に思えるが、常に国中にORDERが目を光らせていることと同義であり、
H∴H∴H∴を始めとする敵対組織はその動きを大幅に制限されている。
また、無数に設置されている特務機関の中で、特に優れた精鋭が集まる5つの機関を"5大特務機関"という。
5大特務機関の長とジュネーブ本部代表の6名で定期的に会合が開かれている。


●ブレッド三銃士
代表者:アンパンマン

ジュネーブ本部5大特務機関の1つ。
国内を放浪する他の特務機関と違い、世界中を放浪して世界の情勢を様々な視点から調べている。
直近の動きでは、憑依能力者の是非を見極めるために日本事務局を訪れ、セイヴァーに決闘を申し込んだ。
結果として、ブレッド三銃士としては憑依能力者に対して好意的な立場を取っている。


●トリニティ
代表者:みざる

ジュネーブ本部5大特務機関の1つ。
非常に優れた潜入・調査能力を持っており、H∴H∴H∴のアジトを無数に鎮圧している実績を持つ。
軍艦島で窮地に陥っていたところをセイヴァーに助けられた。
以後、セイヴァーに出向という形で一時的に加入する事になる。
忘れてはいけないのは、出向はあくまで本部の指示であり、
彼女らは常にセイヴァーないし憑依能力者を監視・調査をし続けているということだ。


●H∴H∴H∴
代表者:プロメテウス

H∴H∴H∴の中でも、幹部であるホセ、プラシド、ルチアーノは憑依能力者の確保に努めている。
彼ら3人は"イリアステル"と呼ばれ、組織から半ば独立して行動をしているようだ。
真の目的は未だ明かされていないが、憑依能力者を使い捨ての動力源にした機械の開発という非人道的な行為を行なっていることが判明した。
その機械にはオーダーに対して特に強い殺傷力を発揮する能力がある。
確かに言えるのは、彼らはネフィリム、憑依能力者を利用しようと企んでいるということだ。


●イリアステル
代表者:ホセ

H∴H∴H∴の幹部であるホセ、プラシド、ルチアーノを中心に活動している一派。
代表のホセは術式によって、被験者を憑依体質に書き換えることによって、憑依能力者を人工的に作成することができる。
当初はプラシドがネフィリムを召喚し、ルチアーノがそのネフィリムを複製し、ホセが複製したネフィリムを憑依能力者作成にしようしていた。
自然発生した憑依能力者の方がより強力なエネルギーが得られることが判明してからは、
自然発生した憑依能力者の確保に活動を注力させている。
ネフィリムの利用を目論むアルタイルの一組織とも密接に繋がっており、
様々な目論見から彼らと共に歩む者も少なくない。


●"ソロモン"
代表者:ソロモン

GARDENのどの事務局にも属さない非合法セクション。
その長にコールサインとしてソロモンの名が冠される。
組織としてのソロモンを"ソロモン"と表記している。
先代ソロモン期までは、"誰かがやらなければいけないとされる仕事"を数多くこなしてきた。
"やむを得ない場合"に限り、人を殺めても罰せられない特権が各事務局合意の元与えられている。
2年ほど前、先代ソロモンが突如姿を晦まし、組織は混乱を極めた。
一癖も二癖もある構成員を若くしてまとめ上げたのが現ソロモンである。
先代ソロモンとは打って変わって、人を殺める回数は大幅に減っている。
現ソロモンが目指すのは、ソロモンという組織そのものを是正して、非合法から合法セクションに変えることである。
しかし、同じ"ソロモンの是正"という理想を掲げるその思想はオズワルドと根本的に異なる。
現ソロモンの主張は、「憑依能力者とて排除すべき危険因子のネフィリムであるに変わりはない」というもの。
ネフィリムとは排除すべき世界の敵という世界の共通認識・世論に忠実に動き、"ソロモン"の行動を社会的に正当化した上で任務にあたる。
ネフィリムに対して強い感情を抱くものを同胞として多く迎え入れている。
特に強力な力を持つ幹部5人を"ペンタゴン"と呼ぶ。カムイやセニョールアフロもペンタゴンの1人である。
秘密裏に"ケヒト"と呼ばれる隔離保護施設に憑依能力者を保護している。
ソロモンの光の力で憑依能力者からネフィリムを引き剥がすことは可能だが、
一度憑依能力者となった者は再発、そしてその子孫も憑依能力者となる可能性が高くなる。
社会的に憑依能力者を保護隔離し、憑依能力者の社会を別に構築することこそ、
世界中の人々の血が流れずに済む方法と考えている。
全ての準備が整ったら憑依能力者の存在を公にし、人々に是非を問うつもりなのだ。


●アトラタンからの来訪者
代表者:ヘヴンズルーラー

彼らは我々の住まう世界とは別の世界からやってきたという。
曰く、異世界には"混沌"と呼ばれるネフィリムと類似点を多く持つ存在があると言う。
ヘヴンズルーラー、アレクサンダーの2名は異世界の魔法師と呼ばれる存在で、
混沌の濃度を調律することで傷を癒したり、異形の怪物を召喚するなど、"魔法"と呼ばれる事象を引き起こすことができる。
尤も、混沌と言う概念が存在しないこちらの世界では魔法師の力は大幅に制限されてしまう。
ネフィリムを混沌の代替品として、不完全ながら魔法の力を行使して戦っている。
彼らの目的は「元の世界で混沌と友達になり、共存する道を模索する」というもの。
混沌とは決して害を及ぼす存在ばかりではない。
同じく異世界から来訪したアイリスは"投影体"と呼ばれる混沌を核にした存在なのだ。
(投影・投影体についてはGCRのルールブックを参照)


●アドベント
代表者:ドン

コートヴェルズに集落を持つ魔境探索集団。
魔境の浄化依頼や魔境から採掘された財宝で生計を立てている。
他国への政治的介入をせず、逆に他国の介入も許さない。
非常に強大な戦力と優秀な政治家を保持しており、大陸の戦乱に参入すれば間違いなく大公の爵位が与えられるといわれている。
投影体が他の世界に出現したり、侵魔を始めとした他の世界の脅威が
アトラタンに出現する現象を調査するべく、セイヴァーと一時的に協力関係にある。
闇の力を退けるアンチダークマターの材料集めに協力する代わりに、
戦闘員としての働きやや異世界の知見をセイヴァーに要求している。


●クリフォード
代表者:マーセル

異世界の脅威の度重なる出現に、民は混乱し、領主マーセルは頭を悩ませていた。
そんな折、アドベントと共に調査員として前線で共に異世界の脅威と戦うことを決めた。
まずは無暗に討伐隊を組むより、正確な情報を集めることが先決だとマーセルは考えたのだ。
現在H∴H∴H∴の紗那を保護している。

●ユニオン
代表者:アン

FTEで活動する有志によるウィザード連合。
立場や身分を越えた本当の意味での団結を掲げている。
四騎士の所在を追っており、アトラタンに不本意ながら転移してしまった一部のメンバーがクリフォードに滞在している。
※立場上アドベントのメンバーとしてクリフォードに出向という体。