拡張効果:ロウ・オブ・グラビティ

1.《†ウェイトコントロール》
コスト:-
技能:-
タイミング:常時
射程:-
対象:自身
効果:自身の装備品の「行動」の合計を「ランク」の値分だけ常に軽減し、自身が移動を行っても「種別:重火器」で攻撃を行うことが出来る。また、所持している武器を一つ選択する。その武器を追加で装備することが出来る。
この効果により、最大で武器を3つまで同時に装備することが出来る。「他の武器と同時に装備不可」となっている武器を選択することも出来る。
解説:装備品の重量を軽減する。


2.《†グラビティフィスト》
コスト:疲労1
技能:特性能力
タイミング:メインアクション
射程:近
対象:単
効果:対象に特性攻撃を行う。〈特性能力〉と組み合わせて使用し、命中判定とする。攻撃のデータは以下の通り。
〈衝撃〉属性 攻撃力:2d10+[ランク×3]
備考:追加コストとして疲労1を塗りつぶすことで〈銃弾〉属性に変更することが出来る。
解説:周囲にある様々なものが受けている重力を操作し、それをぶつける特性攻撃。


3.《†スーパーグラビティ》
コスト:軽傷1
技能:特性能力
タイミング:セットアップ、メインアクション
射程:至近~近
対象:単
効果:〈特性能力〉と組み合わせて使用し、対象は〈運動〉または[【身体】×3%]でリアクションを行う。自身が勝利した場合、対象の先制値を[ランク+5]点減少させ、あらゆる判定の成功率に-10%する。この効果はラウンド終了まで持続する。
備考:対象が「飛行状態」だった場合、それを解除してさらに[ランク]点先制値を減少させる。
解説:相手にかかる重力を増大させて、動きを鈍らせる。


4.《†インビジブルウォール》
コスト:疲労1
技能:回避、当身、近接武器
タイミング:リアクション
射程:-
対象:自身
効果:回避判定で使用する技能と組み合わせて使用することで、自身が行う技能の成功率に+30%する。
備考:《†インビジブルウォール》を使用したリアクションで攻撃が命中した場合、そのダメージを[ランク÷2(端数切捨て)]+2点軽減する。この効果は1ラウンドに1回まで使用することが出来る。
解説:周囲に斥力を発生させ、あらゆる攻撃を阻害する。


5.《†グラビティゼロ》
コスト:疲労1
技能:特性能力
タイミング:セットアップ、メインアクション
射程:-
対象:自身
効果:自身を「飛行状態」にする。〈特性能力〉と組み合わせて使用し、判定に成功することで効果を発揮する。
この効果によって「飛行状態」となっている間、飛行状態でないキャラクターに自身が与えるダメージに+1d10する。
この効果はシーン終了まで持続する。
解説:重力を操り、自由に空を飛ぶ。高所から攻撃することで、重力によるダメージの増加を図る。


6.《†グラビティコントロール》
コスト:疲労2
技能:特性能力
タイミング:セットアップ、メインアクション
射程:-
対象:自身
効果:自身の先制値に+[ランク]+1d10する。〈特性能力〉と組み合わせて使用し、判定に成功することで効果を発揮する。この効果はラウンド終了まで持続する。
解説:重力の影響を最低限に抑えることで、素早く行動が出来る。


7.《†ガードオブジェクト》
コスト:疲労2
技能:-
タイミング:負傷表決定ステップ
射程:至近~近
対象:単
効果:対象が受けるダメージを[ランク÷2(端数切捨て)]点軽減する。この効果は1ラウンドに2回まで使用できる。
解説:斥力フィールドや周囲の物体を引き寄せて壁にすることで攻撃を防御する。


8.《†ストレンジワールド》
コスト:重傷1
技能:特性能力
タイミング:セットアップ
射程:-
対象:範
効果:対象の先制値+[ランク+5]、または-[ランク+5]し、移動力1として強制的に移動させる。
この移動は封鎖やエンゲージの影響を受けず、移動させないことを選択しても良い。
〈特性能力〉と組み合わせて使用し、判定に成功することで効果を発揮する。
この効果はラウンド終了まで持続し、1シーンに1回まで使用できる。
解説:その場の重力や引力・斥力を自在に操る。


9.《†マイクロブラックホール》
コスト:致命傷1
技能:特性能力
タイミング:メインアクション
射程:至近
対象:周
効果:対象に以下のデータによる特性攻撃を行う。対象は〈回避〉でリアクションを行う。
衝撃:衝撃100+10d10
解説:重力操作の能力を限界まで引き出し、極小のブラックホールをその場で作り出す。


10.《†ソロエフェクト》
コスト:疲労1
技能:特性能力
タイミング:セットアップ、メインアクション
射程:-
対象:自身
効果:自身が装備している武器の攻撃力に+[ランク×2]し、行動値に-4する。〈特性能力〉と組み合わせて使用し、判定に成功することで効果を発揮する。この効果はシーン終了まで持続する、
解説:ソロスタイルの時に有効。武器や銃弾などの重量を増加し、攻撃力を上げる。


11.《†バディエフェクト》
コスト:-
技能:-
タイミング:常時
射程:至近~近
対象:バディ
効果:《†グラビディコントロール》と《†インビジブルウォール》が「射程:至近~近」のバディにも使用可能となる。
解説:バディスタイルの時に有効。バディに《†グラビディコントロール》と《†インビジブルウォール》を使用する。


12.《†サポートエフェクト》
コスト:疲労1
技能:特性能力
タイミング:セットアップ、メインアクション
射程:-
対象:協調者
効果:協調者が回避判定で使用する技能の成功率に+20%する。〈特性能力〉と組み合わせて使用し、判定に成功することで効果を発揮する。この効果はシーン終了まで持続する。
解説:「量子化:装魂具」を取得している時のみ使用可能。斥力によって協調者への攻撃を阻害する。