拡張効果:屍徒生成

1.《†幽体離脱》
必要ML:-
コスト:-
技能:捜索、調査
タイミング:常時
射程:-
対象:自身
効果:自身が行う〈捜索〉〈調査〉の判定の成功率に常に+30%する。
備考:あなたが行った〈捜索〉〈調査〉の判定を1シーンに1回まで振り直すことが出来る。
解説:肉体より魂を解き放ち、いかなる場所の出来事でも知ることが出来る。


2.《†死の記憶》
必要ML:2
コスト:軽傷1
技能:魔術
タイミング:メインアクション
射程:至近~近
対象:単
効果:対象に魔術攻撃を行う。〈魔術〉と組み合わせて使用し、命中判定とする。攻撃のデータは以下の通り。
〈衝撃〉〈呪魔〉属性 攻撃力:1d10+[ランク×3]
備考:この魔術攻撃によってエネミーを死亡状態にした時、《†死霊喰い》の使用回数を1回分増やすことが出来る。
ただし、GMが生命体ではない、または魂を持たないと判断したエネミーの場合、この効果を使用することは出来ない。
解説:死者の霊が持つ断末魔の記憶を対象にたたき込む。この魔術で息絶えた者の魂を自身のオドに変換する。


3.《†霊障》
必要ML:1
コスト:軽傷1
技能:魔術
タイミング:メインアクション
射程:至近~近
対象:周
効果:〈魔術〉と組み合わせて使用し、対象は〈抵抗力〉でリアクションを行う。自身が勝利した場合、対象に「スタン」のデバフを与える。この効果で与えたデバフはアイテムや効果によって回復することが出来ない。
この魔術効果で与えたデバフを受けている間、対象が行う攻撃のダメージに-[ランク]し、デバフを条件に宣言・発動する効果を受けることが出来なくなる。
解説:死者の霊の苦しみや悲しみを対象に送り込む。


4.《†死霊食い》
必要ML:1
コスト:疲労1
技能:魔術
タイミング:フリー、ムーブメント、メインアクション
射程:-
対象:自身
効果:自身の負傷ゲージを合計で[ランク]ポイント分まで回復する。[疲労]1点につき1ポイント、[軽傷]1点につき1ポイント、[重傷]1点につき1ポイント、[致命傷]1点につき2ポイント必要となる。〈魔術〉と組み合わせて使用し、その判定に成功することで効果が発揮される。この効果は1シナリオに1回まで使用できる。
解説:死者の霊を吸収することで、オドを回復する。


5.《†黄泉還り》
必要ML:2
コスト:疲労2
技能:魔術
タイミング:死亡時
射程:-
対象:自身
効果:自身の死亡ゲージにチェックが入った時、それを無効にして致命傷ゲージを1点回復する。〈魔術〉と組み合わせて使用し、判定に成功することで効果を発揮する。この効果は1シナリオに1回まで使用できる。
解説:生死を反転させ、死の縁より蘇る。


6.《†降霊術》
必要ML:2
コスト:疲労1
技能:-
タイミング:メインアクション
射程:-
対象:-
効果:GMにひとつだけ質問できる。質問の内容はどのようなものでも構わないが、シナリオの都合などにより、GMは回答を拒否しても良い。この場合、コストと使用回数を消費しない。この効果は1シナリオに1回使用可能。
解説:死者の霊を降ろし、質問を行う。死者は過去・現在・未来の全ての知識を持つが、その言葉は難解で分かりにくい。


7.《†魔眼》
必要ML:2
コスト:疲労2
技能:-
タイミング:判定直前
射程:至近~近
対象:単
効果:対象が行う判定の直前に使用する。その判定の成功率に-20%する。この効果は1ラウンドに1回まで使用することが出来る。
解説:死者の霊を視線によって対象に送り込み、行動を妨害させる魔術。


8.《†反魂の術》
必要ML:3
コスト:重傷1
技能:魔術
タイミング:セットアップ
射程:-
対象:-
効果:ランクの合計が[あなたのランク]以下の任意のエネミーをエリア内の任意の場所に出現させ、即座に先制値ジャッジとして先制値に+1d10する。
この効果で召喚したエネミーの行動はあなたが決定する。エネミーのデータに設定されていない技能を使用することは出来ない。エネミーは他のキャラクターとバディになる事は出来ないが、近距離のエンゲージに移動してカバーリングを行うことが出来る。(封鎖や侵入、離脱の影響は通常通り適用される点に注意すること)
召喚できるエネミーは以下の通り。
  • ランク2餓鬼(アルスノトリア94P)
  • ランク3スケルトン(アルスノトリア94P)
  • ランク3屍徒(アルスノトリア95P)
  • ランク5ゴースト(アルスノトリア96P)
  • ランク6ファントム(アルスノトリア98P)
解説:彷徨える死者の魂を従属させ、行動させる魔術。


9.《†魂魄流転》
必要ML:3
コスト:致命傷1
技能:魔術
タイミング:メインアクション
射程:至近~近
対象:単
効果:対象の負傷ゲージを合計で[ランク]ポイント分まで塗りつぶす。[疲労]1点につき1ポイント、[軽傷]1点につき1ポイント、[重傷]1点につき2ポイント、[致命傷]1点につき3ポイント必要となる。
その後、別のキャラクターひとりの負傷ゲージを同じ分だけ回復する。この効果の対象はあらゆる方法で変更することは出来ない。この効果は1シナリオに1回まで使用できる。
解説:魂と生命力を奪い取り、別の者に与える禁術。


10.《†ソロエフェクト》
必要ML:-
コスト:-
技能:-
タイミング:常時
射程:-
対象:自身
効果:《†霊障》の効果にマヒを追加する。
解説:ソロスタイルの時に有効。死者の無念を増幅し、更なる苦痛を与える。


11.《†バディエフェクト》
必要ML:-
コスト:-
技能:-
タイミング:常時
射程:至近~近
対象:バディ
効果:《†黄泉還り》がバディにも使用可能となる
解説:バディスタイルの時に有効。バディを死から救い出す。


12.《†サポートエフェクト》
必要ML:1
コスト:疲労1
技能:魔術
タイミング:セットアップ
射程:-
対象:協調者
効果:協調者が受けた負傷の全部、あるいは一部を引き受けることが出来る。この効果はラウンド終了まで持続する。
解説:「人造体:装魂具」を取得している時のみ有効。協調者との魂の結びつきを強化する。