第169回例会記録

2016年7月10日に開催された第169回例会の様子を報告します。
この日は23名での例会となりました。



・「キングダムビルダー / Kingdom Builder」 4人


久しぶりに登場。ドイツ年間ゲーム大賞受賞作です。
今回はマップ、キングダムビルダーカード共に絶妙で、かなり面白い戦いになりました。



・「セルソード」 2人


これは以前もやっていた2人用ゲームですね。
なんかセットアップが大変そうでした。



・「ロストシティ / Lost Cities」 2人


2人用ゲームの定番。
「バトルライン」程ではないものの、苦しいジレンマが味わえます。



・「オー マイ グーッズ! / Oh My Goods!」 4人


ローゼンベルグの収穫シリーズを連想させるようなコンポーネントですね。(実際には出版社が同じだけ)
ゲーム内容もリソースマネジメントかつ拡大再生産です。



・「フリート / Fleet」 4人


割と短時間で競り&拡大再生産が楽しめる良作。
もっと広く流通しても良いと思うのだが・・・



・「ハートオブクラウン / Heart of Crown」 3人


最近デッキ構築ゲームが局地的に人気です。
本作は日本の同人ゲームで、拡張も多く展開されています。



・「ナショナルエコノミー / National Economy」 3人


最近地味に人気があります。
ちょくちょく再販されていて手に入りやすいのも良い傾向ですね。



・「ブルームサービス カードゲーム / Broom Service Card Game」 4人


そもそも「ブルームサービス」自体が「魔法にかかったみたい」のボードゲーム版みたいなものでは、という野暮な突っ込みはなしで。
「魔法にかかったみたい」よりもさらに軽いバッティングゲームに仕上がっています。



・「ジャイプル / Jaipur」 2人


これは2人専用のゲームですね。
結構評判はよかったと記憶しています。



・「ドミニオン / Dominion」 3人


私もドミニオンが出た当初、毎月のようにプレイしていた覚えがあります。



・「カルカソンヌ / Carcassonne」 2人


久しぶりの登場。
慣れてくると2人プレイが一番面白い。



・「街コロ / City Dice」 4人


このゲームは3、4ヶ月に1回は見かけますね。
サイコロを振って対応する建物からお金を得て、新たな建物を買って・・・
という、オーソドックスなシステムです。



・「ウントチュース! / Und Tschuess!」 6人


先月に引き続いて。
勝ち切れずに2番になるのが駄目というのが良い味を出しています。。



・「1940」 2人


ウォーゲームです。



・「エル グランデ / El Grande」 4人


1996年のドイツ年間ゲーム大賞とドイツゲーム賞の同時受賞作。
エリアマジョリティというジャンルを一躍メジャーにしたW・クラマーの傑作です。
最近エリアマジョリティというジャンルは下火ですが、もっとリリースされて欲しいものです。



・「キャメルアップ / Camel Up」 6人


これは確か2014年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作ですね。
ラクダのレースがテーマのギャンブルゲーム。



・「電力会社:最初の火花 / Funkenschlag - Die ersten Funken」 4人


傑作「電力会社」のリメイクみたいな位置付けで、より簡単なルールでプレイ時間も短くなっています。
1時間程度でプレイしたい場合は本作を、競りも含めたガッツリしたルールでプレイしたい場合は本家「電力会社」と住み分けが出来ています。



・「デッド オブ ウインター / Dead of Winter 」 4人


ゾンビ物の協力ゲーム。



・「ケルト カード / Keltis - Das Kartenspiel」 4人


ドイツ年間ゲーム大賞「ケルト」のカードゲーム版。
本家とほとんど変わらないプレイ感で良い出来です。オススメ。



・「ラブレター / Love Letter」 6人


日本発の短時間カードゲーム。
出来が良いのか、テーマを変えた版が国内外から色々と発売されています。



・「コンプレット / Completto」 4人


先月もプレイされていました。お手軽に遊べるハンドマネジメントです。
木のコマの感触が良いのですよ。



・「イムホテプ / Imhotep」 4人


先月レポートでも書きましたが、やはり大賞は獲れませんでしたね。
それでも面白いドイツゲームであることには変わりありません。



・「カラヤのスルタン / Sultans of Karaya」 7人


陣営対決物の正体隠匿系。
自分の役割がコロコロ変わるところが面白い。



・「パンデミック / Pandemic」 4人


評価の高い協力ゲーム。
ゲームオーバーになるときは畳み掛けるように破局が訪れるので、非常にハラハラした展開になりがち。



・「マングロービア / Mangrovia」 4人


2年ほど前に発売された、一種のエリアマジョリティ。
分かりやすいルールと程よいランダム要素、手番コントロールを含めた適度なインタラクションが詰まった、初心者から上級者まで楽しめる、まさに理想的なドイツゲームと言えます。
あまり話題にはなりませんでしたが、もっとプレイされて欲しいタイトルです。



・「Between to Cities」 5人


写真撮り忘れ。
思ったよりも早く終わる都市建築物でした。



・「ロール フォー ザ ギャラクシー / Roll for the Galaxy」 5人


日本語版が出たばかりのタイトルです。
「レースフォーザギャラクシー」のスピンオフ。



・「カタンの開拓者 / Die Siedler von Catan」 4人


どの資源もまんべんなく出るカタン島ですね。
地形的な偏りは酷いですが。



・「ゼロ / Zero」 5人


軽いカードゲーム。
最近再販された版です。



・「カルバ / Karuba」 3人


今年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作。
何故か日本でほとんど流通していません。



・「ジャングル スピード / Jungle Speed」 8人


反射神経系のアクションゲームです。



・「炭鉱賛歌 / Glueck Auf」 4人


W・クラマー&M・キースリングのコンビによる一種のワーカープレイスメント。
決算ごとに複数要素での数比べを行い、その優劣で点数が配分されるクラマーお得意の機構。
ストレートな作りのドイツゲームで、派手さはないのですが面白い。



・「サンファン 2014 / San Juan (second edition)」 3人


これは新版ですね。
国内でも流通量が増えてきました。



・「レジスタンス アヴァロン / The Resistance - Avalon」 6人


最近よく卓が立っています。



・「呪いのミイラ / Fluch der Mumie」 5人


磁石を使ったギミックが面白い。
子供向けゲームです。



・「タンクハンター / Tank Hunter」 3人


たぶん戦車でドンパチするゲーム。



・「ディクシット / Dixit」 4人


パーティ色強めですが面白いゲームです。
絵を使った連想ゲームみたいなもの。



・「ハンズ / Hands」 7人


これはたぶんアクションゲームです。





以上、例会報告でした。
その他ゲームの抜けがあったら申し訳ありません。
あと、掲載順は結構いいかげんです。

写真・文 : 池田@2代目代表
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。