ゆめのなかで 2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





   /*/


芝村 :Bヤガミは微笑んで寝ている

つづみ :「ヤガミ?起きて?」(ほっぺたぺしぺし)

芝村 :Bヤガミは薄目を開けた

Bヤガミ:「どうした?」

つづみ :(笑って)「おはよう」

Bヤガミ:「ああ。また時間がたってたんだな。おはよう」

芝村 :Bヤガミは幸せそうに笑った。

つづみ :「う~んと、ここにいると私まで寝ちゃいそうだから、どっか遊びにいかない?」

Bヤガミ:「……いくといい」

つづみ :「だめ、一緒に行こ?」

Bヤガミ:「俺は、もういい」

芝村 :Bヤガミは微笑むと、目をつぶった。

芝村 :電源が切れた。

つづみ :自分で切ったんですよね。<電源

芝村 :どうだろう

芝村 :調べさせてもいい

つづみ :お願いします。<調べる

芝村 :技師は首をひねってる。

芝村 :何度立ち上げても落ちるし、原因はわからないらしい

つづみ :やっぱしなー(涙)

つづみ :夢の中の女の子がライバルになるとはorz

つづみ :「すみません、何か目を覚まさせる方法はありますか?」

芝村 :技師は首を横に振った。

技師:「原因がわからないのです。分解しますか?」

つづみ :「分解はやめて欲しいんです」

つづみ :「今、夢を見ているはずなんです。夢・・・に介入したりとかは出来ますか?」

技師:「電源落ちているときは夢なんかみませんよ」

つづみ :「そうですか・・・」

技師:「・・・・」

芝村 :返却されました。どうする?

つづみ :う~んと・・・(@@@@@)

つづみ :連れて帰る途中で公園とか寄れますか?

芝村 :ええ。寄れますよ。

芝村 :タクシーから降りた。

つづみ :東屋のようなものがあれば、そこのベンチに寝かせます。

芝村 :はい。

芝村 :ベンチに座ったよ

つづみ :(膝枕をしながら)「・・・外に行った事なかったよね」

つづみ :(髪をなでます)

芝村 :反応はない

つづみ :「お願い・・・起きて・・・夢の中の女の子じゃなくて私を見て・・・!」(涙ぼろぼろ)

芝村 :Bヤガミは目を覚ました。

Bヤガミ:「どうした?」

つづみ :「・・・ヤ、ガミ?」

つづみ :「全然起きないから・・・!」

Bヤガミ:「?」

Bヤガミ:「そうなのか……?」

つづみ :「夢の中でヤガミが会ってるのは、私じゃない・・・」

Bヤガミ:「……お前だ」

つづみ :(泣きながら)「違う、それはヤガミの記憶で作った女の子だよ」

Bヤガミ:「……」

つづみ :「お願い、私をちゃんと見て」

芝村 :Bヤガミは貴方を見あげている。

つづみ :(ずっと泣いています)

Bヤガミ:「ずっと見ている」

つづみ :「・・・私だけと一緒にいて」

Bヤガミ:「それは無理だ。目が覚めれば、お前はいない」

つづみ :「夢の中で会わないで」

Bヤガミ:「でも寂しいんだ」

つづみ :「うん・・・私も寂しい」(髪を撫でます)

つづみ :「私も、会えない時はすごく寂しい」

芝村 :Bヤガミは目をつぶった。

つづみ :「・・・また、夢を見るの・・・?」

Bヤガミ:「いや」

芝村 :Bヤガミは目を開いた。

つづみ :「良かった・・・」(笑います)

Bヤガミ:「・・・・・」

つづみ :(ヤガミを見ながら、髪をなでています)

Bヤガミ:「……少し待つ」

つづみ :「ありがとう・・・」

つづみ :「頑張って、会えるようにするから」

つづみ :「夢の中で、他の女の子と待たないで・・・」

芝村 :Bヤガミは微笑んだ。

Bヤガミ:「早く、こい」

つづみ :「うん」

つづみ :(ヤガミの手を取って、握ります)

芝村 :Bヤガミは微笑んだ。


   /*/


芝村 :
 はい。お疲れ様でした。
芝村 :
 おめでとう。何とか突破だね
つづみ :
 ありがとうございました。
つづみ :
 えええええ!突破ですかー!
つづみ :
 (10回ぐらい会わないといけないかもと思ってました(汗))
芝村 :
 ま、すぐとりのがすかもしれんけど
芝村 :
 微笑青空どうぞ
つづみ :
 ぎぃやぁぁぁぁ!<とりのがす
つづみ :
 ありがとうございました。
つづみ :
 えーっと、名前って変えないといけないですよね。
芝村 :
 Bヤガミでいいよ
つづみ :
 あ、分かりましたー。(フルネームってあるんでしょうか?)
芝村 :
 ない
芝村 :
 適当でいいよ
つづみ :
 八神くんと一緒ですか<名前がない
芝村 :
 ええ
つづみ :
 ネーミングセンスないんで、改名するときはBヤ本人に決めてもらいます(笑)
芝村 :
 はい
つづみ :
 うーんと、生まれた理由もそうですか?<八神くんと一緒
芝村 :
 ええ
芝村 :
 微妙にちゃうけどね
つづみ :
 微妙が気になりますー。
芝村 :
 では解散しましょうお疲れ様でした。
つづみ :
 では、長い間ありがとうございました。
芝村 :
 はい。ではー
つづみ :
 お邪魔しました。失礼しますー。