※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 共通規格宇宙ドッキングブロックシステム RD:6 評価値:4
    • 部品: 概要
    • 部品: 共通結合規格
    • 部品: 伸縮通路機構
    • 部品: エアロックブロック
    • 部品: 通信機構
    • 部品: 重力環境に対応した機構



部品定義


部品: 概要

宇宙艦船が宇宙施設や他の宇宙艦船とドッキングする際の共通結合システム規格。主な構成は、気密扉の結合機構、通路の伸縮と係留機構、エアロックブロックなど。技師菩鋳螺によって開発されFVBで長く使用されてきた経緯がある。

部品: 共通結合規格

結合機構を共通規格とすることで生産性とドッキングの作業効率を上げている。受動側と能動側の兼用機構によって両者がロックしあう構造で、十分な気密シール能力と固定強度を確保してある。

部品: 伸縮通路機構

通常時、ドッキングブロックは艦体や宇宙施設に収納されているが、この機構によって通路自体が伸長することが可能となっており、ドッキングの接続作業を容易にしている。伸縮機構を持った外部フレームで補強され、十分な係留強度を持つ。

部品: エアロックブロック

基本的に2枚以上の気密扉を備えた空気の余減圧室である。この設備によって艦内気圧を保ったまま乗員は船外に出ることができる。この設備を省略した簡易な型も存在するが、その場合は、与圧施設やエアロックを持ったドッキングブロック以外の対象に接続することは出来ない。

部品: 通信機構

ドッキングした宇宙艦船や施設はこの機構によって有線接続され、通信や電力供給を互いに行うことが出来る。自動接続ではなく手動操作を必要とする。

部品: 重力環境に対応した機構

人口重力機能を持つ宇宙艦船や惑星上に着陸する艦船のタラップとしても機能するデザインとなっている。この機構は年代や型にによって、はしごを備えてあるだけのものから、通路の重力機能で対応するものまで様々な形式がある。



提出書式


 大部品: 共通規格宇宙ドッキングブロックシステム RD:6 評価値:4
 -部品: 概要
 -部品: 共通結合規格
 -部品: 伸縮通路機構
 -部品: エアロックブロック
 -部品: 通信機構
 -部品: 重力環境に対応した機構
 
 
 部品: 概要
 宇宙艦船が宇宙施設や他の宇宙艦船とドッキングする際の共通結合システム規格。主な構成は、気密扉の結合機構、通路の伸縮と係留機構、エアロックブロックなど。技師菩鋳螺によって開発されFVBで長く使用されてきた経緯がある。
 
 部品: 共通結合規格
 結合機構を共通規格とすることで生産性とドッキングの作業効率を上げている。受動側と能動側の兼用機構によって両者がロックしあう構造で、十分な気密シール能力と固定強度を確保してある。
 
 部品: 伸縮通路機構
 通常時、ドッキングブロックは艦体や宇宙施設に収納されているが、この機構によって通路自体が伸長することが可能となっており、ドッキングの接続作業を容易にしている。伸縮機構を持った外部フレームで補強され、十分な係留強度を持つ。
 
 部品: エアロックブロック
 基本的に2枚以上の気密扉を備えた空気の余減圧室である。この設備によって艦内気圧を保ったまま乗員は船外に出ることができる。この設備を省略した簡易な型も存在するが、その場合は、与圧施設やエアロックを持ったドッキングブロック以外の対象に接続することは出来ない。
 
 部品: 通信機構
 ドッキングした宇宙艦船や施設はこの機構によって有線接続され、通信や電力供給を互いに行うことが出来る。自動接続ではなく手動操作を必要とする。
 
 部品: 重力環境に対応した機構
 人口重力機能を持つ宇宙艦船や惑星上に着陸する艦船のタラップとしても機能するデザインとなっている。この機構は年代や型にによって、はしごを備えてあるだけのものから、通路の重力機能で対応するものまで様々な形式がある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "共通規格宇宙ドッキングブロックシステム",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "概要",
         "description": "宇宙艦船が宇宙施設や他の宇宙艦船とドッキングする際の共通結合システム規格。主な構成は、気密扉の結合機構、通路の伸縮と係留機構、エアロックブロックなど。技師菩鋳螺によって開発されFVBで長く使用されてきた経緯がある。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "共通結合規格",
         "description": "結合機構を共通規格とすることで生産性とドッキングの作業効率を上げている。受動側と能動側の兼用機構によって両者がロックしあう構造で、十分な気密シール能力と固定強度を確保してある。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "伸縮通路機構",
         "description": "通常時、ドッキングブロックは艦体や宇宙施設に収納されているが、この機構によって通路自体が伸長することが可能となっており、ドッキングの接続作業を容易にしている。伸縮機構を持った外部フレームで補強され、十分な係留強度を持つ。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "エアロックブロック",
         "description": "基本的に2枚以上の気密扉を備えた空気の余減圧室である。この設備によって艦内気圧を保ったまま乗員は船外に出ることができる。この設備を省略した簡易な型も存在するが、その場合は、与圧施設やエアロックを持ったドッキングブロック以外の対象に接続することは出来ない。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "通信機構",
         "description": "ドッキングした宇宙艦船や施設はこの機構によって有線接続され、通信や電力供給を互いに行うことが出来る。自動接続ではなく手動操作を必要とする。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "重力環境に対応した機構",
         "description": "人口重力機能を持つ宇宙艦船や惑星上に着陸する艦船のタラップとしても機能するデザインとなっている。この機構は年代や型にによって、はしごを備えてあるだけのものから、通路の重力機能で対応するものまで様々な形式がある。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]