※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: テロ対策体制 RD:27 評価値:8
    • 部品: 概要
    • 部品: テロ対策の重要性
    • 大部品: 担当者について RD:2 評価値:1
      • 部品: 担当者とは
      • 部品: 資格
    • 大部品: 日常体制 RD:8 評価値:5
      • 部品: 避難経路の整備
      • 部品: パトロール
      • 部品: 施設などの対策強化
      • 部品: 日常広報
      • 部品: 担当者の日常訓練と教育、研究
      • 部品: 政府担当部門や警察との連絡体制
      • 部品: 情報収集
      • 部品: 勤務体制
    • 大部品: 監視カメラシステム RD:7 評価値:4
      • 部品: システムの概要
      • 部品: 情報の制限と守秘義務
      • 部品: カメラ設置の手法
      • 部品: データ解析
      • 部品: 指揮部署との連絡
      • 大部品: 設備 RD:2 評価値:1
        • 部品: 監視カメラ
        • 部品: 情報端末
    • 大部品: 不審物対応 RD:2 評価値:1
      • 部品: 不審物に対する対処
      • 部品: 危険物処理について
    • 大部品: 自爆テロ対応 RD:2 評価値:1
      • 部品: 荷物チェック
      • 部品: 動作や服装への注意
    • 大部品: 車両テロへの対応 RD:1 評価値:0
      • 部品: 重要施設の防衛体制の強化
    • 大部品: テロ発生時における対応 RD:2 評価値:1
      • 部品: 緊急展開
      • 部品: 避難誘導
    • 部品: テロ対策体制流用実績



部品定義


部品: 概要

元は重要施設の防犯能力の改善のために、後に様々なテロ対策システムを研究し導入されたテロ対策体制のことである。

部品: テロ対策の重要性

不断の対策の改良実施によって、産業や生活に直接攻撃を加えるテロ攻撃の被害を可能な限り減らし、市民が安心して生活していくことの重要性は高い。

部品: 担当者とは

主に警察官や警備会社職員、または各藩国軍や企業警備部の職員などが該当する。テロ対策を行う部署職員の事である。

部品: 資格

重要性が高く、負う義務も大きいという勤務内容から、担当人員には能力はもとより確かな身元や責任能力、高い倫理意識が求められている。装備や法的な権限は各地域の法律によってさまざまである。

部品: 避難経路の整備

施設などの避難経路を整備確認する業務である。非常灯や非常口への誘導灯、避難経路のスペースの確保点検などが該当する。

部品: パトロール

日常の担当部署の巡回や、重要施設の警戒など、また多人数が集まる催し物会場での警戒業務など様々な形態のパトロールがある。

部品: 施設などの対策強化

段より警戒対象の施設等では動線や死角のチェック、十分にスペースを設ける、巡回路の改良、ゴミ箱の撤去などといった防犯体制の改善強化などを行っている。

部品: 日常広報

最近の情勢などの新しい情報を担当者以外の人々に分かりやすく伝える広報活動。抑止効果も高めることができる。

部品: 担当者の日常訓練と教育、研究

担当者のスキルや対策システムの改善を図る目的で、各種訓練や、研修、システムの研究が日々行われている。

部品: 政府担当部門や警察との連絡体制

藩国間のテロリスト情報の交換といった国際協力、警察や政庁各部門との情報連絡体制を日頃から構築している。

部品: 情報収集

藩国内の政府各部門との情報交換や情勢の追跡研究を行い、資料を集積する。各担当者部署への広報を通して広く最新の情報を共有することを図る。

部品: 勤務体制

休日を十分とった交代制勤務体制をとる。危険手当や成績優秀者の昇給制度、復学者支援制度も整備されている。その他福利厚生は地域の法律に準じたものとなっている。

部品: システムの概要

複数の防犯監視カメラを使用した監視システム。あくまでテロ対策として法律に則って事件捜査に使われたり、プライベートに最大限配慮したうえで、記録映像が情報解析に使用されることがある。

部品: 情報の制限と守秘義務

カメラによって記録される映像は厳重に取り扱われ、法的正当性がない限り捜査に使用したり、閲覧や情報利用することは出来ない。

部品: カメラ設置の手法

主に重要な施設の周囲や通路屋内にそれぞれ視角をカバーするように複数個設置される。プライバシーエリアには設置されない。またダミーカメラを設置して抑止効果を狙った手法も存在する。

部品: データ解析

記録映像は法に則った手段でデータ解析が行われることがある。プライバシーに最大限配慮した上で、人々の流れの解析や犯行パターンの研究などに使用される。

部品: 指揮部署との連絡

通常、記録だけではなくモニタールームなどでのリアルタイム監視業務も行われている。テロ発生などの非常事態となれば担当者はすみやかに指揮部署に報告を上げその指揮下に入ることになる。

部品: 監視カメラ

様々な形態のビデオカメラ。信頼あるメーカーの品物が選ばれ専門家によってセキュリティチェックを受けた後に用いられる。

部品: 情報端末

カメラの映像を処理する情報端末。様々な形式のものがあり、記録された映像情報を解析することができる。またバックアップシステムも備えているものが一般的である。基本的にスタンドアロンタイプのシステムでネットワークに接続することは無い。

部品: 不審物に対する対処

不審物に対する対処方法は各部署ごとに告知され、それに従って行われる。明らかに危険なものと判断された場合は、専門担当者によって処理されることとなる。

部品: 危険物処理について

訓練を受けた処理対応担当者が行う。高度な専門知識を必要とするためこのレベルの対応は警察や藩国軍の専門部隊があたることが多い。

部品: 荷物チェック

多くの人が集まる催し物や、要人が集まる会場周辺では警備体制がしかれ、人々の荷物チェックを行うこともある。

部品: 動作や服装への注意

爆発物などの危険物を身に着けた自爆テロ犯は、その緊張や装備の大きさを隠す必要があり、独特の動作や服装をする傾向がある。警戒に当たる担当者は良くこの点に注意して警戒に当たることになる。

部品: 重要施設の防衛体制の強化

特に危険度の高い施設などに施す主に車爆弾に対する対策。コンクリート防壁を設置したり、十分な強度を持つゲートを設けたり、隠蔽された複数の監視所を設けるといった防衛体制の強化があげられる。

部品: 緊急展開

テロ発生時における交通の封鎖や周辺施設の警備出動など担当者が緊急展開する場合がある。テロ発生時には一般的に藩国軍、警察がこれにあたる。

部品: 避難誘導

すみやかに担当誘導員は安全と判断された経路に人々を誘導する。連絡を取り合い無駄のない動きが重要となる。

部品: テロ対策体制流用実績

  • 詩歌藩国の【詩歌藩国の港】に流用されました。

(その他、帝國施設でのご利用を募集しております。文字数合わせ失礼します)



提出書式


 大部品: テロ対策体制 RD:27 評価値:8
 -部品: 概要
 -部品: テロ対策の重要性
 -大部品: 担当者について RD:2 評価値:1
 --部品: 担当者とは
 --部品: 資格
 -大部品: 日常体制 RD:8 評価値:5
 --部品: 避難経路の整備
 --部品: パトロール
 --部品: 施設などの対策強化
 --部品: 日常広報
 --部品: 担当者の日常訓練と教育、研究
 --部品: 政府担当部門や警察との連絡体制
 --部品: 情報収集
 --部品: 勤務体制
 -大部品: 監視カメラシステム RD:7 評価値:4
 --部品: システムの概要
 --部品: 情報の制限と守秘義務
 --部品: カメラ設置の手法
 --部品: データ解析
 --部品: 指揮部署との連絡
 --大部品: 設備 RD:2 評価値:1
 ---部品: 監視カメラ
 ---部品: 情報端末
 -大部品: 不審物対応 RD:2 評価値:1
 --部品: 不審物に対する対処
 --部品: 危険物処理について
 -大部品: 自爆テロ対応 RD:2 評価値:1
 --部品: 荷物チェック
 --部品: 動作や服装への注意
 -大部品: 車両テロへの対応 RD:1 評価値:0
 --部品: 重要施設の防衛体制の強化
 -大部品: テロ発生時における対応 RD:2 評価値:1
 --部品: 緊急展開
 --部品: 避難誘導
 -部品: テロ対策体制流用実績
 
 
 部品: 概要
 元は重要施設の防犯能力の改善のために、後に様々なテロ対策システムを研究し導入されたテロ対策体制のことである。
 
 部品: テロ対策の重要性
 不断の対策の改良実施によって、産業や生活に直接攻撃を加えるテロ攻撃の被害を可能な限り減らし、市民が安心して生活していくことの重要性は高い。
 
 部品: 担当者とは
 主に警察官や警備会社職員、または各藩国軍や企業警備部の職員などが該当する。テロ対策を行う部署職員の事である。
 
 部品: 資格
 重要性が高く、負う義務も大きいという勤務内容から、担当人員には能力はもとより確かな身元や責任能力、高い倫理意識が求められている。装備や法的な権限は各地域の法律によってさまざまである。
 
 部品: 避難経路の整備
 施設などの避難経路を整備確認する業務である。非常灯や非常口への誘導灯、避難経路のスペースの確保点検などが該当する。
 
 部品: パトロール
 日常の担当部署の巡回や、重要施設の警戒など、また多人数が集まる催し物会場での警戒業務など様々な形態のパトロールがある。
 
 部品: 施設などの対策強化
 段より警戒対象の施設等では動線や死角のチェック、十分にスペースを設ける、巡回路の改良、ゴミ箱の撤去などといった防犯体制の改善強化などを行っている。
 
 部品: 日常広報
 最近の情勢などの新しい情報を担当者以外の人々に分かりやすく伝える広報活動。抑止効果も高めることができる。
 
 部品: 担当者の日常訓練と教育、研究
 担当者のスキルや対策システムの改善を図る目的で、各種訓練や、研修、システムの研究が日々行われている。
 
 部品: 政府担当部門や警察との連絡体制
 藩国間のテロリスト情報の交換といった国際協力、警察や政庁各部門との情報連絡体制を日頃から構築している。
 
 部品: 情報収集
 藩国内の政府各部門との情報交換や情勢の追跡研究を行い、資料を集積する。各担当者部署への広報を通して広く最新の情報を共有することを図る。
 
 部品: 勤務体制
 休日を十分とった交代制勤務体制をとる。危険手当や成績優秀者の昇給制度、復学者支援制度も整備されている。その他福利厚生は地域の法律に準じたものとなっている。
 
 部品: システムの概要
 複数の防犯監視カメラを使用した監視システム。あくまでテロ対策として法律に則って事件捜査に使われたり、プライベートに最大限配慮したうえで、記録映像が情報解析に使用されることがある。
 
 部品: 情報の制限と守秘義務
 カメラによって記録される映像は厳重に取り扱われ、法的正当性がない限り捜査に使用したり、閲覧や情報利用することは出来ない。
 
 部品: カメラ設置の手法
 主に重要な施設の周囲や通路屋内にそれぞれ視角をカバーするように複数個設置される。プライバシーエリアには設置されない。またダミーカメラを設置して抑止効果を狙った手法も存在する。
 
 部品: データ解析
 記録映像は法に則った手段でデータ解析が行われることがある。プライバシーに最大限配慮した上で、人々の流れの解析や犯行パターンの研究などに使用される。
 
 部品: 指揮部署との連絡
 通常、記録だけではなくモニタールームなどでのリアルタイム監視業務も行われている。テロ発生などの非常事態となれば担当者はすみやかに指揮部署に報告を上げその指揮下に入ることになる。
 
 部品: 監視カメラ
 様々な形態のビデオカメラ。信頼あるメーカーの品物が選ばれ専門家によってセキュリティチェックを受けた後に用いられる。
 
 部品: 情報端末
 カメラの映像を処理する情報端末。様々な形式のものがあり、記録された映像情報を解析することができる。またバックアップシステムも備えているものが一般的である。基本的にスタンドアロンタイプのシステムでネットワークに接続することは無い。
 
 部品: 不審物に対する対処
 不審物に対する対処方法は各部署ごとに告知され、それに従って行われる。明らかに危険なものと判断された場合は、専門担当者によって処理されることとなる。
 
 部品: 危険物処理について
 訓練を受けた処理対応担当者が行う。高度な専門知識を必要とするためこのレベルの対応は警察や藩国軍の専門部隊があたることが多い。
 
 部品: 荷物チェック
 多くの人が集まる催し物や、要人が集まる会場周辺では警備体制がしかれ、人々の荷物チェックを行うこともある。
 
 部品: 動作や服装への注意
 爆発物などの危険物を身に着けた自爆テロ犯は、その緊張や装備の大きさを隠す必要があり、独特の動作や服装をする傾向がある。警戒に当たる担当者は良くこの点に注意して警戒に当たることになる。
 
 部品: 重要施設の防衛体制の強化
 特に危険度の高い施設などに施す主に車爆弾に対する対策。コンクリート防壁を設置したり、十分な強度を持つゲートを設けたり、隠蔽された複数の監視所を設けるといった防衛体制の強化があげられる。
 
 部品: 緊急展開
 テロ発生時における交通の封鎖や周辺施設の警備出動など担当者が緊急展開する場合がある。テロ発生時には一般的に藩国軍、警察がこれにあたる。
 
 部品: 避難誘導
 すみやかに担当誘導員は安全と判断された経路に人々を誘導する。連絡を取り合い無駄のない動きが重要となる。
 
 部品: テロ対策体制流用実績
 ・詩歌藩国の【詩歌藩国の港】に流用されました。
 
 (その他、帝國施設でのご利用を募集しております。文字数合わせ失礼します)
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 30742,
     "title": "テロ対策体制",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-22 08:18:45.098325",
     "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.098325",
     "character_id": 686,
     "children": [
       {
         "id": 30743,
         "title": "概要",
         "description": "元は重要施設の防犯能力の改善のために、後に様々なテロ対策システムを研究し導入されたテロ対策体制のことである。",
         "part_type": "part",
         "character_id": 686,
         "children": []
       },
       {
         "id": 30744,
         "title": "テロ対策の重要性",
         "description": "不断の対策の改良実施によって、産業や生活に直接攻撃を加えるテロ攻撃の被害を可能な限り減らし、市民が安心して生活していくことの重要性は高い。",
         "part_type": "part",
         "character_id": 686,
         "children": []
       },
       {
         "id": 30745,
         "title": "担当者について",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 686,
         "children": [
           {
             "id": 30746,
             "title": "担当者とは",
             "description": "主に警察官や警備会社職員、または各藩国軍や企業警備部の職員などが該当する。テロ対策を行う部署職員の事である。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30747,
             "title": "資格",
             "description": "重要性が高く、負う義務も大きいという勤務内容から、担当人員には能力はもとより確かな身元や責任能力、高い倫理意識が求められている。装備や法的な権限は各地域の法律によってさまざまである。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 30748,
         "title": "日常体制",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 686,
         "children": [
           {
             "id": 30749,
             "title": "避難経路の整備",
             "description": "施設などの避難経路を整備確認する業務である。非常灯や非常口への誘導灯、避難経路のスペースの確保点検などが該当する。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30750,
             "title": "パトロール",
             "description": "日常の担当部署の巡回や、重要施設の警戒など、また多人数が集まる催し物会場での警戒業務など様々な形態のパトロールがある。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30751,
             "title": "施設などの対策強化",
             "description": "段より警戒対象の施設等では動線や死角のチェック、十分にスペースを設ける、巡回路の改良、ゴミ箱の撤去などといった防犯体制の改善強化などを行っている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30752,
             "title": "日常広報",
             "description": "最近の情勢などの新しい情報を担当者以外の人々に分かりやすく伝える広報活動。抑止効果も高めることができる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30753,
             "title": "担当者の日常訓練と教育、研究",
             "description": "担当者のスキルや対策システムの改善を図る目的で、各種訓練や、研修、システムの研究が日々行われている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30754,
             "title": "政府担当部門や警察との連絡体制",
             "description": "藩国間のテロリスト情報の交換といった国際協力、警察や政庁各部門との情報連絡体制を日頃から構築している。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30755,
             "title": "情報収集",
             "description": "藩国内の政府各部門との情報交換や情勢の追跡研究を行い、資料を集積する。各担当者部署への広報を通して広く最新の情報を共有することを図る。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30756,
             "title": "勤務体制",
             "description": "休日を十分とった交代制勤務体制をとる。危険手当や成績優秀者の昇給制度、復学者支援制度も整備されている。その他福利厚生は地域の法律に準じたものとなっている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 30757,
         "title": "監視カメラシステム",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 686,
         "children": [
           {
             "id": 30758,
             "title": "システムの概要",
             "description": "複数の防犯監視カメラを使用した監視システム。あくまでテロ対策として法律に則って事件捜査に使われたり、プライベートに最大限配慮したうえで、記録映像が情報解析に使用されることがある。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30759,
             "title": "情報の制限と守秘義務",
             "description": "カメラによって記録される映像は厳重に取り扱われ、法的正当性がない限り捜査に使用したり、閲覧や情報利用することは出来ない。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30760,
             "title": "カメラ設置の手法",
             "description": "主に重要な施設の周囲や通路屋内にそれぞれ視角をカバーするように複数個設置される。プライバシーエリアには設置されない。またダミーカメラを設置して抑止効果を狙った手法も存在する。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30761,
             "title": "データ解析",
             "description": "記録映像は法に則った手段でデータ解析が行われることがある。プライバシーに最大限配慮した上で、人々の流れの解析や犯行パターンの研究などに使用される。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30762,
             "title": "指揮部署との連絡",
             "description": "通常、記録だけではなくモニタールームなどでのリアルタイム監視業務も行われている。テロ発生などの非常事態となれば担当者はすみやかに指揮部署に報告を上げその指揮下に入ることになる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30763,
             "title": "設備",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "character_id": 686,
             "children": [
               {
                 "id": 30764,
                 "title": "監視カメラ",
                 "description": "様々な形態のビデオカメラ。信頼あるメーカーの品物が選ばれ専門家によってセキュリティチェックを受けた後に用いられる。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": 686,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 30765,
                 "title": "情報端末",
                 "description": "カメラの映像を処理する情報端末。様々な形式のものがあり、記録された映像情報を解析することができる。またバックアップシステムも備えているものが一般的である。基本的にスタンドアロンタイプのシステムでネットワークに接続することは無い。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": 686,
                 "children": []
               }
             ]
           }
         ]
       },
       {
         "id": 30766,
         "title": "不審物対応",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 686,
         "children": [
           {
             "id": 30767,
             "title": "不審物に対する対処",
             "description": "不審物に対する対処方法は各部署ごとに告知され、それに従って行われる。明らかに危険なものと判断された場合は、専門担当者によって処理されることとなる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30768,
             "title": "危険物処理について",
             "description": "訓練を受けた処理対応担当者が行う。高度な専門知識を必要とするためこのレベルの対応は警察や藩国軍の専門部隊があたることが多い。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 30769,
         "title": "自爆テロ対応",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 686,
         "children": [
           {
             "id": 30770,
             "title": "荷物チェック",
             "description": "多くの人が集まる催し物や、要人が集まる会場周辺では警備体制がしかれ、人々の荷物チェックを行うこともある。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30771,
             "title": "動作や服装への注意",
             "description": "爆発物などの危険物を身に着けた自爆テロ犯は、その緊張や装備の大きさを隠す必要があり、独特の動作や服装をする傾向がある。警戒に当たる担当者は良くこの点に注意して警戒に当たることになる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 30772,
         "title": "車両テロへの対応",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 686,
         "children": [
           {
             "id": 30773,
             "title": "重要施設の防衛体制の強化",
             "description": "特に危険度の高い施設などに施す主に車爆弾に対する対策。コンクリート防壁を設置したり、十分な強度を持つゲートを設けたり、隠蔽された複数の監視所を設けるといった防衛体制の強化があげられる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 30774,
         "title": "テロ発生時における対応",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 686,
         "children": [
           {
             "id": 30775,
             "title": "緊急展開",
             "description": "テロ発生時における交通の封鎖や周辺施設の警備出動など担当者が緊急展開する場合がある。テロ発生時には一般的に藩国軍、警察がこれにあたる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           },
           {
             "id": 30776,
             "title": "避難誘導",
             "description": "すみやかに担当誘導員は安全と判断された経路に人々を誘導する。連絡を取り合い無駄のない動きが重要となる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 686,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 64824,
         "title": "テロ対策体制流用実績",
         "description": "・詩歌藩国の【詩歌藩国の港】に流用されました。\n\n(その他、帝國施設でのご利用を募集しております。文字数合わせ失礼します)",
         "part_type": "part",
         "character_id": 686,
         "children": []
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]