※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

08/3/6 11:00~行われたゲームです。
可読性向上のため、一部誤字を修正してあります。


゜*:;;;:*☆*:;;;:*゜ログここから゜*:;;;:*☆*:;;;:*゜



芝村
時間ですよ。

蝶子
こんにちは。

芝村
記事どうぞ

蝶子
今ちょうどお声かけさせていただこうとしてました。
遅れましてすみません。


お世話になっております。以下のように予約の確定を申告させていただきます。

【予約者の名前】0600147:霰矢蝶子:レンジャー連邦
【実施予定日時】2008年3月6日/10:00~11:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):10マイル
【召喚ACE】
 ・霰矢惣一郎:個人ACE:0マイル
【合計消費マイル】計10マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・0600147:霰矢蝶子:レンジャー連邦:仮入学(既):10マイル

以上、よろしくお願いいたします。

記事はこちらです。

芝村
イベントは?

蝶子
ええと、もしお願いできましたら、一度惣一郎まかせでやってみたいのですが、できますでしょうか?<イベント

芝村
いいですよ。


/*/


芝村
惣一郎は貴方を車に乗せて移動するようだ。どうする?

蝶子
一緒に移動します。
「惣一郎、今日はどこ行くんですか?」

惣一郎
「ドライブでもどうだ」
「いや、行き先は特にない。ただ移動するだけだ」

蝶子
「はい、喜んで。ありがとう。」
にこーと笑います。
「あの車、かわいくて好きです。」

芝村
惣一郎は少しだけ笑うと、小さな赤い車を操って移動を開始した。
湾岸を走っている。海が見えるね。
今日はオープンカー状態なんで、風が気持ちがいい。

蝶子
おおー
「私、オープンカー初めてです!わー、風が気持ちいいー!」

惣一郎
「2度目だろう。空港から移動に使ったろう?」

蝶子
(あれ、あの時もオープンカー状態だったんですか?

芝村
その時は幌しているよ。
車高が低く、地面のゴーという感覚を感じる。ゴーカートみたいな車だ。

蝶子
「あの時はオープンになってなかったじゃないですか。開くとこんな感じなんですね。わー。」

惣一郎
「お前の髪が風で踊っているところを見たかった」

蝶子
照れます。あわあわあわ

芝村
惣一郎はどこか嬉しそうに車を運転している。

蝶子
(今、時間帯は昼ですか?

芝村
ええ。
11時だ。

蝶子
「天気、晴れててよかったですね。」

惣一郎
「ああ」
「俺もかわいいお前が見れて、良かった。満足している」

蝶子
「Σ」
「か、かわいくは。ないんじゃないかと。(照)」

惣一郎
「まあ、世間がどう思おうが、俺がそう思っているんだから仕方ない」

芝村
惣一郎は貴方をちらりと見た。笑った。

蝶子
「ううう、さては物好きですね。
で、でも。ありがとう。私もあなたに会えて嬉しいです。」
顔が熱くなってると思うので風で冷やします・・・照れる・・・!

芝村
惣一郎は眺めのいいところで車をとめた。
車から降りたよ。

蝶子
「わー!きれいですね。いい眺めー。」
(どんな感じのところでしょうか。

芝村
椰子の木が並んでいる。
砂浜を見下ろしている。
波が打ち寄せて着ているね。海の色は紺碧だ。

蝶子
「海。いいなあ海。やっぱり海って落ち着きます。」
「私ね、海の側で育ったんです。だから海を見ると、落ち着くというか。」

芝村
惣一郎は車に背を預けて貴方を見ている。

蝶子
側によって、同じように車に背を預けて隣に並びます。

惣一郎
「そうなのか?」

芝村
総一郎は嬉しそうに笑った後、貴方の肩を抱こうとして、結局やめた。

蝶子
「はい。海のすぐ側が家だったんで。波の音も風の音も。ないとなんだか落ち着かない。」
惣一郎の肩に頭をこてんと乗せます。

惣一郎
「そうか」

芝村
惣一郎は貴方の肩に手を置いて、照れている。

蝶子
はにかんで笑います。これは結構照れる・・・!

芝村
惣一郎は貴方の顔を覗き込もうとしている。

蝶子
「?」
惣一郎の顔を見ます。

芝村
惣一郎は顔を近づけてきて、貴方にキスした。

惣一郎
「好きだ」

蝶子
「・・・10年経たないと言ってもらえないと思ってました。」(真っ赤)
照れるので腕に抱きつきます。

惣一郎
「言った後で負けたと思っている」
「まあ、でも、そう思ったんだから仕方ない。好きだ。好き」

芝村
惣一郎は貴方を抱きしめた。

蝶子
「負けって何ですか負けって」

惣一郎
「なんとなく」

芝村
惣一郎は貴方をぎゅーとだきしめた。

蝶子
「うう、私そのうちきっとドキドキしすぎで頭のてっぺんから溶ける。」
ぎゅーと抱きしめ返します。

惣一郎
「なんだその表現」

芝村
惣一郎は笑った。

蝶子
「なんかこう・・・どきどきして、わーって蒸発しそうになるんです・・・。なんとなくそんな感じなんです・・・。」

惣一郎
「なるべく離さないようにしないとな」

蝶子
「なんかこう、私いつまでたっても照れてる気がします。いかん。」

芝村
惣一郎は、微笑んだ。

惣一郎
「いいじゃないか。俺は嬉しい」

蝶子
「嬉しいですか。それならいいんですがー。」

芝村
惣一郎は貴方が今まで見た中で一番嬉しそうに微笑むと。またキスした。

蝶子
「ああ、なんか今、さっきの「負けたと思う」って言うのがどんな感じか分かった気がします・・・。」

惣一郎
「?」

蝶子
「好きです。うう、もうどうしよう好きです。」

惣一郎
「さすがに分かってる」
「俺も隠しきれてないから、同じだな」

芝村
惣一郎は貴方を抱きしめると、貴方の後ろ頭をなでた。

蝶子
「ふふ、おあいこですね。引き分けー。」
「・・・実は。髪を撫でられるの、好きだったりします。(照)」

芝村
惣一郎は微笑んだ。

惣一郎
「髪が痛みそうだな」

蝶子
「Σ」
「が、頑張ります。キューティクル保持に努めます。」

芝村
惣一郎は笑うと、もう一度大事そうに髪にふれると、たまにさわるからいいのかと言った。

蝶子
「・・・惣一郎。」

惣一郎
「どうした?」

蝶子
「私、あなたとずっと一緒にいたい。」

惣一郎
「一緒にいるじゃないか」

蝶子
「今だけじゃなくて。この先も、ずっとです。」
「今、すごく、心から、そう思いました。」

惣一郎
「プロポーズみたいだな」

芝村
惣一郎は笑った。そういうのは俺から言うのが普通だろう?

蝶子
「Σ わわわ、あのう、それは確かにあの、そうなれたらいいなとかは思ってますが!今のはそうじゃなくて!あの、その。」
「が、頑張ろうって思ったんです。私、頭も要領も悪いから、何ができるかわからないけど。」

惣一郎
「有能なお前なんか欲しくもないな」

芝村
惣一郎はそういって笑った後、貴方の手を取った。

惣一郎
「わかった。一緒にいよう」


/*/


芝村
はい。お疲れ様でした。

蝶子
お疲れ様でした。ありがとうございました。

芝村
評価は+1+1でした。

蝶子
ありがとうございます。
ああでもプロポーズするつもりじゃなかったんです・・・違うんです・・・!orz

芝村
うははは。
秘宝館には1・1で依頼出来ます。
まあ、俺から聞いてもプロポーズにきこえるね。

蝶子
はい。ありがとうございます。
Σ
ち、違うんです!
なんかこう・・・ずっと一緒にいるためには難しい問題が山積してますが 私には無理ー とか思わず頑張ろう と

芝村
ははは。うん。
がんばってくださいませ。

蝶子
ありがとうございます・・・。決意は胸に秘めて頑張ります(笑

芝村
はい。では解散しましょう。お疲れ様でした。

蝶子
はい、どうもありがとうございました。お疲れ様でした。
それではー^^


゜*:;;;:*☆*:;;;:*゜ログここまで゜*:;;;:*☆*:;;;:*゜



- / - / -