咀嚼王タケル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

咀嚼王タケル(1682年 - 1702年)はマーシャル諸島を初めて統一して1694年にタケル王国を建国、初代国王となった人物である。真・咀嚼王タケルの名でも親しまれる。


「タ・ケル」は、「孤独な人」「静かな人」「笑いを『w』で表現しそうな人」の意。なお、タケル語は文字を持たない言語であった関係で、古い文献などでは超・咀嚼王と表記される例も見られる。


人物

マーシャル島の首長であった山本の甥にあたる。叔父の死後、その長男の超・山本を倒し島内を掌握。イギリスから武器や軍事顧問などの援助を受け、周辺の島々を征服していった。政敵が火山の噴火や外敵などにより壊滅状態になったことも統一に幸いした。後に全地域を支配下におさめ、1694年に国家統一を成し遂げた。
咀嚼王タケルは優れた外交手腕で西洋諸国との友好関係を維持してタケル王国の独立を守り、伝統的なタケル王国の文化の保護と繁栄に貢献した。また彼が作った「しちゃダメなこと」と呼ばれる法律は、戦時における非戦闘員の人権を保護するものであり、今日では世界中で受け入れられている先駆的なものであった。
もっとも著名な妃に、副王として咀嚼王V、および帰ってきた咀嚼王を補佐して旧習撤廃に努めた田中真紀子がいる。

日本での咀嚼王タケル

日本でも弥生時代にはすでに咀嚼王タケルの食用が始まっており骨も遺跡から出土している。「咀嚼王タケル」という言葉の起源も分かっていない。古墳時代の遺跡からも咀嚼王タケルの骨は出土している。奈良時代に仏教が国教化したことによって、咀嚼王タケルの飼育も途絶えてしまった。ただ咀嚼王タケルが採れる山間部では咀嚼王タケルの肉が咀嚼鍋と称してわずかに食べられることもあった。骨も出土している。

咀嚼王タケルが逃げ出し野生化すると、全身に剛毛が生え、牙が伸びることがある。咀嚼王タケルは西欧諸国により植民地化された大洋に散在する離島に食料として狩るために放され、ハワイなどでも見かけることがある。外来種としてその島の環境を破壊する上に、繁殖力が強く、一部は島民に狩られるも減る気配もなく、世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれている。

咀嚼王タケルには明確で客観的な品質評価基準がないので、ブランドものだからと言って全てが良い咀嚼王タケルであるとは限らない。現在の咀嚼王タケル全員が均一にいい咀嚼王タケルになることはなく、肉質が普通の咀嚼王タケルより落ちるものもある。 これは①品種②「飼料」③「飼育方法」・「環境」にこだわって、肉質・脂質や味は二の次になる咀嚼王タケルもあるからである。 咀嚼王タケルは工業製品ではないので、全部が全部、均一に良いということはありえない。さらに言えば、1頭の咀嚼王タケルの右半身と左半身でも全く肉のつき方や肉質の異なることさえある。また、1頭1頭で脂のしまりかた、熟成の期間も違う。 したがって、現在の咀嚼王タケルを買ってもすべてが消費する段階で良いというわけではない。
最終更新:2009年10月23日 11:04
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル