2019年春会誌『ロボットSF』のご紹介



大阪大学SF研究会 2019年“春”会誌は「ロボットSF」です!

ロボットの登場するアニメ・ゲーム・漫画・小説・その他を紹介。
搭乗型ロボット(巨大戦闘ロボ系)と自律型ロボット(アンドロイド系)の両方を含んでいます。

誌 名 ロボットSF

発 行 大阪大学SF研究会

企 画 ① ロボット作品紹介・ロボット解説
    ② ガンダムアニメ特集
    ③ ご注文はロボっ娘ですか?
    ④ 作品論:「真白」とは何者だったのか?―『スワロウテイル』とニヒリズム―

形 式 A5本文モノクロ124ページ

価 格 700円

頒 布 5月6日(月・祝) 第28回文学フリマ東京 
     場所:東京流通センター第一展示場 オ-10
    8月11日(日) コミックマーケット96
     場所:東京ビッグサイト西展示場 こ-31a

■ロボット作品紹介・ロボット解説

ロボットの描写がメインになっている「ロボットアニメ・小説・漫画」から、
ロボットがメインではないながらも「作中にロボットが登場する作品」までを手広く紹介しています。
1作品につき見開き2ページのボリュームで迫ります。
右ページには「作品のストーリー紹介・レビュー」を、左ページには「ロボット解説・小コラム」を掲載しています。


【収録内容】
『ゼーガペイン』『聖騎士ダンバイン』『パシフィック・リム』『交響詩篇エウレカセブン』『装甲騎兵ボトムズ』
『アーマードコア フォーアンサー』『BEATLESS』『プラスティック・メモリーズ』『ブレードランナー2049』etc...

■ガンダムアニメ特集

数あるガンダムシリーズの中でも、特に「アニメ作品」に焦点を絞って紹介しています。
「宇宙世紀シリーズ」と「その他の世紀作品(アナザーセンチュリーもの)」に分けています。
こちらも1作品につき見開き2ページで特集!



■ご注文はロボっ娘ですか?

従来より萌えの定番とされてきた〈ロボット+少女〉の類、通俗的に「ロボっ娘」「メカ娘」と呼ばれるジャンルを特集。
SF研会員が「推しロボっ娘」達の「好きな理由」「可愛いところ」を説明し、ロボっ娘への愛が語られています。
どんなロボっ娘たちが登場しているか、ぜひチェックしてみてください。



■作品論:「真白」とは何者だったのか?―『スワロウテイル』とニヒリズム―

籘真千歳によるSF小説群『スワロウテイルシリーズ』の登場人物「真白」に係る評論文です。
全6ページで、ニーチェの「ニヒリズム」に照らし合わせて論が展開されています。



ロボット作品が大好きな会員から普段はあまり触れない会員まで、沢山の人が「ロボット」という括りの中で文章を書いてくれました。
ロボットには並々ならぬ思いがあるという方も、あまり詳しくないけど気になるという方も、
ぜひこぞって大阪大学SF研究会のブースまでお越しください!
|