※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

噛みによって毎晩1人、村サイドの人間を殺害できます。
狐を噛んだ場合は、翌朝死体が出ません。
狩人が護衛してる所を噛んだ場合も、翌朝死体が出ません。

騙りと潜伏

狼の選択は、騙るか潜伏するかの2種類のみです。
噛み操作は相談して行い、どこを噛むかは宣言しておくのを徹底しましょう。

騙る場合

噛み操作は騙っているプレイヤーが必ず行います。
大きく分けて3つの目的があります。

①偽の占い(狼or狂人)を信じさせて狼が勝利する。

これを信用勝負といいます。
狐をグレーコントロールによって処分しやすいというメリットがありますが
騙り担当者の労力負担が非常に大きい事、真霊能をほぼ確定させる形で生存させておけない事
等のデメリットがあります。

②真の霊能者、狩人、共有者を潰して道連れにするか、乗っ取る。

狩人騙りは扱いが難しく、共有者騙りは非常に困難な為レアなケースとなります。

③狩人に護衛を絞らせない為の囮となって役職(主に占い)を噛む。


どの目的においても○が多く残り過ぎる事と、狩人を残す事は狼の首を絞めます。
なので狩人候補を含めた○をメインにバランスよく噛むのが基本となります。
また、いつでも信用は高く保つべきです。
※振る舞いに関しては占い師の項を参照。

囲う

占いを騙った狼が、仲間をグレランから保護する為に○判定を出す事。
いかにグレランに強くても、占いを消さない場合は完全グレーはいずれ吊り対象化します。
その反面、最後まで占われない人が狼である可能性はあまり高くないとも言えます。
また、仲間に占い結果を1回使用する事によって、狐を保護してしまう可能性を下げられます。
占い師を噛み殺した場合、囲った仲間は比較的疑われ易くなります。
※囲った場合は他の自分の○を消しすぎると目立ってしまいますので注意しましょう

逆囲い

逆囲いとは、信用の低い(例えば対抗の占いを噛んでいる)占い騙りの狼が
潜伏している仲間に●を打つ事で、対象に村人っぽい印象を加える というやり方です。
破綻している場合は大した意味はありませんが、破綻していない場合は
本当に吊れてしまう事もあり、そのリスクを対価にして○の印象を得るものなので
使い方は若干難しいです。

また、占い騙りの狼が信用を得ている(かつ対抗がいない事が望ましい)時に
占い騙りの狼視点2個目or3個目の●を仲間に出す事で
キープ先として終盤まで生存させる、という方法もあります。

噛み合わせる

噛んだ先を死体にしつつ○判定に出す事です。
銃殺疑惑と狼っぽさと囲ってないアピールを其々微妙に発します。
グレーが噛みで狭まりつつも占いで減らないので詰みが近づきにくい方法ですが
1回の村で多用すべきではありません。

呪殺対応

数名分の占い結果と理由のコピペを用意し、狐呪殺の際に適したものを貼れるようにしておきます。
内容はできるだけ毎日更新しましょう。
自分の○から呪殺が発生した場合、他の自分の○・共有・確定○・霊能等を噛んでしまっていると破綻します。
基本的にこれが発生するのは中盤以降となります。
呪殺が発生する可能性が高い時は、噛み先に気をつけましょう。

グレーコントロール

噛みと吊りによって、狐候補を可能な限り狭い範囲に追い込んで始末しましょう。
最終的な1~2候補に狐が残ってしまった場合は仕方がありません。

身内切り

霊能の信用が非常に高い場合などに、実際に仲間に●を打って信用を上げる方法です。
ただし下手すると詰みますので注意しましょう。
また、これを使ってしまうと占い殺害への方針変更が困難になります。

潜伏

基本はグレランを生き延びる事です。
狼は最初から色々な事を知ってしまっている為、うかつに話しにくい事もあるとは思いますが
基本的には発言で頑張りましょう。
あまり発言しすぎると占われ易いという側面もありますが、調整は難しいので
思い切って喋った方がよいかと思います。
仲間の狼や狂人に○判定を出されて囲われている場合、その人の発言が囲っている占い騙りの信用に影響します。
出来るだけ、その位置の村人の視点で正確に発言できるように頑張りましょう。

真の占い師を噛んで進める場合、狼サイドの核は潜伏狼です。

「騙りが苦手だから」「騙りが面倒だから」潜伏を選ぶ、というものではない事を理解しましょう。

村人アピールの用意

根拠は出任せに近くても構いません。
「こういう意図でこういう行動をしていた」という事をまとめ
「村人である」結論につなげられるように考えておきましょう。
できれば自発的・能動的な行動について主張できると望ましいです。
受身な行動、発言に関しての村人アピールは難しい傾向にあります。

身内票

グレランで、仲間の狼に投票する、もしくは仲間の狼に投票される事を「身内票」といいます。
基本としては、あまり吊れそうでない場合に使用しておくのが一般的ですが
あまり露骨に吊れない仲間に投票してしまうと逆効果になる場合があります。
この身内票の有無はグレーに対する判断としてかなり強い影響力を持ちますので
吊られそうな仲間がいた場合、投票して吊ってしまうのもひとつの手です。

狩人日記の用意

仲間の騙りがうまく機能しているうちは、狩人日記を準備しておく事が望ましいです。
非狩人的な発言をしてしまっていると使いにくい為、潜伏役が他にもいるなら共有しておくとよいでしょう。
もちろん、死体なしが出た場合は護衛先の記録は都合のよいものにしておきましょう。

狩人を騙る場合って、例えばどんな時?

引き返せないところまで(真占い視点の吊り順確定)進行した状況で
護衛の位置によって占い騙りの狼が破綻する状況。
または、護衛の有無によって占い騙りの狼が破綻する状況。

後者は破綻しても即負けというわけではないので
積極的な戦力投入という意味合いになる。