※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページの見かた

村の配役や設定が「17人/狐あり(1匹)/共有会話あり」を前提に書いています。ご注意ください。

登場人数  その名の通り登場人数です。
陣営  所属する陣営
能力  簡単な能力の説明等
 夜の時間帯にプレイヤーが能力を発動する必要があるかどうか等
簡単な説明  その名の通り簡単は説明です。
リンク  各役職の入門編や実践編のリンクです。

各項 


占い師の簡単な説明 

登場人数  1人
陣営  村人陣営
能力  毎晩、自分以外の対象を選びその対象が「村人」なのか「人狼」なのかを占う事が出来ます。
   また、妖狐を占うと呪い殺す事が出来ます。
 毎晩能力を発動する必要があります。能力を発動しなかった場合は自動占いが発動します。
簡単な説明  村人陣営の花形と言える役職です。
   活躍すればするだけ村人陣営は勝利へと近づいていきます。
リンク  入門編 実践編

霊能者の簡単な説明 

登場人数  1人
陣営  村人陣営
能力  処刑された対象が「村人」なのか「人狼」なのかを調べる事が出来ます。
 夜になった時点で能力が発動されている為、プレイヤーが能力を発動する必要はありません。
簡単な説明  縁の下の力持ちと言える役職です。
   占い師に比べると役に立たないかもしれませんが、居ないとちょっと困る、そんなポジション。
リンク  入門編 実践編

狩人の簡単な説明 

登場人数  1人
陣営  村人陣営
能力  毎晩、自分以外の対象を選び人狼に襲われ殺されるのを防ぐ事が出来ます。
 2日目の夜以降、毎晩能力を発動する必要があります。能力を発動しなかった場合は突然死となります。
簡単な説明  護衛先やCOのタイミングが難しい役職です。
   優秀な狩人が村を救うと言っても過言ではありません。
リンク  入門編 実践編

共有者の簡単な説明 

登場人数  2人
陣営  村人陣営
能力  2人1組の役職でもう1人の共有者が誰なのかが分かります。夜の時間に限りもう1人の共有者と会話が出来ます。
 プレイヤーが操作する能力はありませんが、「能力」に書いてあるように夜の時間に限り共有者同士で会話が出来ます。
簡単な説明  確定村人として扱われる事が多いため、村の方向性を決める事が可能な役職です。
   COしてしまえば噛まれる事はあっても処刑される事は滅多に無い為、考える時間が多い役職と言えます。
リンク  入門編 実践編

村人の簡単な説明 

登場人数  7人
陣営  村人陣営
能力  能力はありません。知恵と勇気がアナタに与えられた唯一の武器です。
 特に何もする事はありません。
簡単な説明  登場人数が多いため最もなりやすい役職です。
   投票で処刑者を選ぶシステムなので、「村人」という数の力を侮ってはいけません。
リンク  入門編 実践編

人狼の簡単な説明 

登場人数  3人
陣営  人狼陣営
能力  毎晩、人狼以外の対象を選び襲い殺す事が出来ます。
   また自分以外の人狼が誰なのかが分かり、夜の時間に限り遠吠えで相談する事が出来ます。
 毎晩、人狼以外の対象を選び襲わなければいけません。
   能力を行使せずに朝を迎えた場合は、人狼全員が突然死となりゲームが終了します。
   「能力」に書いてあるように、人狼同士なら遠吠えを利用し相談する事が出来ます。
簡単な説明  人外側の花形とも言える役職です。
   能力者を騙ったり村人のフリをしたりと、色々な方法で村を騙し欺くのです。
リンク  入門編 実践編

狂人の簡単な説明 

登場人数  1人
陣営  人狼陣営
能力  これと言った能力はありません。基本的に村人と同じと言えます。
   ですが「村人」とは違い、能力者を騙る事が許されています。
 プレイヤーが能力を行使する事はありません。
簡単な説明  勝利条件が「人狼の勝利」という立場の「村人」みたいなものです。
   「能力」に書いてあるように、能力者を騙る事が許されている為、
   様々な方法を駆使し、人狼を勝利へ導きましょう。
リンク  入門編 実践編

妖狐の簡単な説明 

登場人数  1人
陣営  妖狐陣営
能力  これと言った能力はありませんが、少し特殊な役職です。
   勝利条件が、各陣営が勝利条件を満たした時に生存している、となります。
   あと、人狼に噛まれても朝の死体になりません。
   ですが、占い師に占われると、朝の死体になってしまいます。
 プレイヤーが能力を行使する事はありません。
簡単は説明  「能力」に書いたように、色々と少し特殊な役職となっています。
   村の展開によっては絶対に勝てないなんて事があり得ます。
リンク  入門編 実践編