※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初日犠牲者の主な仕様

ほとんどの村に滞在している「初日犠牲者」さん
初日犠牲者は最初の犠牲者になるNPCプレイヤーです。
必ず2日目の朝の死体になっています。

簡単に言うと、2日目の朝の死体になる為だけに居るNPCプレイヤーです。
そんなNPCプレイヤーの為、基本的に一言も喋りません(噛まれた直後霊界にて一言だけ発言しています)
一応、プレイヤー扱いなので彼にも役職が割り当てられます。
ですが、初日犠牲者がなれる役職は限られています。

初日犠牲者に割り当てられる役職
村 人

占い師

霊能者

狩 人

共有者

狂 人

上記の役職のどれかになっています。
「人 狼」と「妖 狐」には絶対になりません。

初日犠牲者が占い師になった場合にも起こりえる「呪殺」

初日犠牲者「占い師が割り当てらた場合、彼は1日目の夜だけ占い師の能力を行使しています。
対象はランダムで誰を占うかは判りません。

それに彼は必ず2日目の朝の死体になっている為、占い師COすることなく霊界へ旅立ってしまいます。

上で書きましたが、彼は1日目の夜だけ占い師の能力を行使しています。
それはつまり「妖狐」を占いの対象とし「呪殺」を出す事が有り得ると言う事です。

運悪く(?)彼が「呪殺」を出した場合、2日目の朝の死体は「初日犠牲者」と「妖狐」の死体が並んでおり、
傍から見れば「占い師」が「妖狐」を占った朝となんら変わりません。

「共有初日」の意味

初日犠牲者に共有者が割り当てられた場合は、2日目の昼に限り全役職が生存している事になります。

それは何故かと言うと、上記で説明しましたが初日犠牲者にも役職が割り当てられるからです。
ですが共有者の特質上、初日犠牲者に共有者が割り当てられた場合は、
初日犠牲者の役職が共有者であると、初日犠牲者では無い方の共有者に分かるようになっています。

つまり、初日犠牲者の役職が分かる為、2日目の昼に限り全役職が生存しているのが分かるわけです。