【アンズハウス軒先コンサートに出演】

 1.日程 5月30日(日曜日)  ・・ アンズハウスの軒先
 2.曲名
   「筑波山麓合唱団」「川の流れのように」「見上げてごらん夜の星を」「糸」
   「あの素晴らしい愛をもう一度」
 3.メンバ
   海老原先生(指揮、爆笑MC)、堤先生(ピアノ)、楠、峯村、渡辺、中島、佐藤、今泉
 4.コメント
   前日まで、おやブラが出演する午後は雨の予報だったが、日頃の行いが幸いし?
   なんということか爽やかな風を伴う、清々しい野外コンサート日和に変わった。
   会場である、普段は閑静な週末の西白井駅北ロータリ前は、この日3台のキッチンカーや、
   20軒以上の店舗が出店し結構な賑わいになっていました。

   そんな中、アクリル板の前でマスクをしてコロナ感染対策を万全に、おやブラが登場。
   (節度ある)声援も頂き、シャボン玉も飛ぶ中で5曲を披露。 コロナ禍でおやブラの
   練習もままならず参加メンバーも少なかったが、海老原先生が指揮者兼歌手兼ダンサー兼
   爆笑MCとして大活躍。
   軒先市を楽しんでいる皆さんの マスク越しでもわかる笑顔が更に微笑んだ気がします!
   コロナ禍のなか、皆さまのご声援、有難う御座いました!(渡辺)
   

   

   
<写真協力 大塚さん>

【ファミリーコンサートに出演】

 1.日程 6月12日(土曜日)  ・・ 白井市文化会館 中ホール(かおりホール)
 2,素敵な仲間
   白井少年少女合唱団
   M.I.N(混声合唱)
 3.曲名
   男声合唱のためのヒットメドレー『SORA』より
   朧月夜、夜空ノムコウ、TOKIO、君といつまでも、東京キッド、浪漫飛行、
   春よ来い、涙そうそう
 4.メンバ
   海老原先生(MC兼指揮者兼歌も)、堤ゆり先生(ピアノ兼総合司会)佐藤、今泉、中島、
   峯村、楠、渡辺
 5.コメント
   今日は元々「4つの合唱団コンサート」の開催予定日でしたが、収まらないコロナ禍のなかで
   苦渋の決断で中止となっていました。
   そんななか、東日本大震災直後でも火を消さなかった「ファミリーコンサート」の主催者が集まり、
   この1年強を経て蓄積した、コロナ禍で安全・安心な練習、本番を実施・開催するための対策を講じ
   ることで、3月に開催出来なかった念願のファミリーコンサートを改めて開催させて頂きました!

   例年だと「梅雨空」を仰ぐ季節柄ですが、今年はまだ梅雨にも入らず、コロナ禍で悶々としていた
   心の中の鬱積を払いのけてくれるような、清々しい「青空」となりました。
   この快晴に応えるべく我が”おやブラ”は組曲『SORA』(空)を選曲。
   団員も少人数でしたが海老原先生も歌い手に加わり、各自のパートを死守するドキドキ感も感じなが
   ら気持ちよく組曲を歌わせて頂きました。皆様の心に素敵なSORAは届きましたでしょうか?
   コンサートが終わり「打ち上げ」が無いことに不満を感じつつも、やっぱり「歌っていいよね!」
   って思いました。

   ちなみに次の様な安全対策を講じました。
   ①団員はマスクを着用して歌い、②入場者は例年の半数に制限、③団体の演目間には都度換気をし、
   ④着替えで密にならないよう服装は自由、⑤午前中のリハーサルも割愛し舞台の位置確認だけで
   本番突入。 (渡辺)
   

   

   

      <写真協力 響・渡辺さん>

【白井市民音楽祭(第64回)に出演】

 1.日程 11月13日(土曜日)  ・・ 白井市文化会館 大ホール(なし坊ホール)
 2.曲名
   男性三部合唱のための「合唱で時代劇」より
   「銭形平次」「だれかが風の中で(「木枯し紋次郎」より)」「子連れ狼」
   「ああ人生に涙あり(「水戸黄門」より)」
 3.メンバ
   海老原先生(指揮)、堤先生(ピアノ)、楠、峯村、渡辺、中島、佐藤
 4.コメント
   今回の発表曲は「時代劇シリーズ」の4曲です。
   メンバー6人で参加(内輪の話ですが、1人ひとりの責任が重く、練習
   は超ハードでした)
   そして皆さまのご期待に応えるべく、歌に加え最初と最後にコントを入れま
   した。愉しんで頂けたら幸いです!
   

   

   

   

   













*
最終更新:2022年03月24日 09:29