(01)641 名無し募集中。。。 (未来はその手の中に)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



目が覚めると泣いていた
珍しいことじゃない、またあの頃の夢を見ただけだ
もうあの頃の夢を見ても、喪失感に苛まれる事も吐き気がするほどの胸の痛みを感じる事もない
ただ夢の世界に涙を置いてくるのを忘れてしまっただけだ

涙の跡を洗い流すために洗面台へ向かう
大丈夫、この涙の跡のようにきっと何だってキレイに洗い流せる
そしてあたしはきっと生まれ変われる

痛くなるくらい何度もゴシゴシと顔を洗い流し、あたしは目の前の鏡を見つめた
いつもと変わらない冴えない顔
生気のない瞳、土気色をした顔に全く感情の伴わない無表情が貼り付いている
顎を伝って滴り落ちる水滴にさえ全く色を感じない

こんなあたしでもあの人は必要だと言った
こんなあたしでも誰かを救うことができると

鏡に映ったいつもと同じ冴えない自分を見つめながらあたしは口を引き締めた
「がんばれあたし、がんばれ愛佳」

無意識レベルにおいて未来に起こる事柄を補足し
顕在意識の検閲を突破し、その情景を突如、脳内になだれ込ませる。

意識の深層は、常に未来と共鳴し合う







未来はもう、あなたの手の中にある




















最終更新:2012年12月17日 11:28
添付ファイル