(19)043 名無し募集中。。。 (言霊のチカラ)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



―ここまで来れば、もう大丈夫だ。
組織の追っ手も付いてはこれまい。

私は立ち止まって後ろを振り向いた。誰もいない。
―大丈夫だ。
ふうっと息を吐いて歩き出そうとしたその時――

「よくここまで来たね」

目の前にあの人が立っていた。
そこにだけ春の日差しが当たっているかのような肌と
何よりも深い闇を凝縮した瞳の持ち主。

「安倍さん…」

きりきりと、私の心を恐怖が締め付ける。
安倍なつみは柔和な微笑をその唇に浮かべたまま、言った。

「ちょっと、調子に乗りすぎてたみたいね。ここまで来たら取り返しが付かないよ」
「でも私は…」
「明日、いや今日か。今日は月曜日。あなたは間違いなく遅刻する」

その唇から笑みが消えた瞬間
急に目の前が闇に包まれた――

どうしよう…





















最終更新:2012年11月26日 23:59