(22)590 『唯一無二』

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



他の誰も彼女にはなれない。
育て上げられた環境が異なるのだから。
彼女は、自分という存在が世界に一つしかないと知っていた。
それが誇りだった。

彼女は他の誰にもなれない。
育て上げられた環境が異なるのだから。
彼女は、自分という存在が世界に一つしかないと知っていた。
それが、寂しかった。

いや、「寂しい」なんてあるわけない。身体にバグが起きている。
感情は消去。活力に変換。目標の決定。
そして、命令を実行―――――


彼女はこの世に一つだけの特別な存在。
どんなに優れた人間も、彼女になることはできない。




















最終更新:2012年12月01日 20:29