(01)443 名無し予告編(『私を必要としてくれる人』)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



新垣は伝説の少女戦隊アサ=ヤンの一員・安倍に憧れていた。

だが安倍は、悪との壮絶な戦いの末、この世を去ってしまった。

安倍の死は計り知れない悲しみとなって新垣に影を落とした。
もう、あの安倍や仲間達の全盛期のような戦いは見られないのか…
悲しみと憧れはねじまがり、新垣を安倍の狂信者のようにしていった。

そんな中、「安倍を生き返す方法がある」、とダークネスから聞いた新垣は、
ダークネスに従う決意をし、スパイとして、
安倍のいた少女戦隊の後継部隊である、リゾナンダーに潜入することになったのだが…




「でも…もう私の大好きな、私の中のアサ=ヤンはいなくなっちゃったの。
…今のリゾナンダーなんて…別物よ。能力だって…比べ物にならない。
もう一度…あの頃の輝きを取り戻せたら……!
そう、ダークネスならばそれが出来るのよ!」




「ガキさん、それは間違ってる!もうアサ=ヤンの時代は終わったんだ!
これからはウチらが新しい戦隊、リゾナンダーを作っていくんだよ!
そして……それには、ウチらリゾナンダーにはガキさんが必要なんだ」


次回、『私を必要としてくれる人』!
ご期待ください!


















最終更新:2012年12月17日 11:20
添付ファイル