(03)168 名無し募集中。。。 (里沙の決意)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――




愛ちゃん、決めたよ私。
もう決めたの。もう迷わないよ。

あのね…




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



「ガキさん?何やっとんの?」
「ちょ、ちょっとまだ見ないで!」
「え…あぁ。じゃ向こう行ってるわ」


そう言うと愛はカウンターの方に戻っていった。
里沙は一人部屋に篭って何か作業をしている。朝からずっとこんなかんじだ。
愛が話しかけても、切羽詰っているのか会話にならない。


「あれ、新垣さんどうしたんですか?」
「んー…あたしにもよく分からん」

学校が終わった光井が喫茶店に来て、新垣を見て言った。
分からない、と愛が言うと、光井は目を閉じて深呼吸を何度かした後にゆっくりと目を開けた。
光井はこれから起こるであろう「未来」を視たのだ。


「あぁ…なるほど」
「何?何が視えたん?」
「ちょっとこれは…言わん方が…」
「えー?何よ?気になるやんかぁ!」
「いや、言えないです、愛佳にはムリ!!」


結局何を視たのか言わなかった光井は、そのまま帰って行ってしまった。
愛は、自分に言えない未来などあるのかと、納得出来ないまま仕事をしていた。
里沙は相変わらず部屋から出てこない。


「ヒマやな…」


光井は先ほど帰ったし、他のメンバー達はそれぞれ学校やバイトをしている。
今喫茶店には愛と里沙しかいない。
しかし里沙に部屋を追い出されたので、愛は一人で店番をしている。
あと2時間もすればれいながバイトに来るのだが、それにしても暇だ。


「里沙ちゃん何コソコソしとんのやろ」


何をやっていても里沙の事を考えてしまう。光井の言葉も引っかかってしょうがない。
一体何が視えて、何が自分に起こるのだろうか。
だがいくら考えてもそれは未来の事だから、愛には分からない。



「愛ちゃん」
「…ぁ、里沙ちゃん…」


ようやく部屋から出てきた里沙は、カウンターの方へ向かい愛に声をかけた。
しかし愛はどこか疲れきったような顔をして里沙を見た。


「何?なんか元気ないじゃん」
「…里沙ちゃんが相手にしてくれんで、いじけとった」
「うえぇ?いじけないでよぉ」


里沙は手に持っていた何かを愛の手のひらに乗せると、にっこりと笑った。


「はい。愛ちゃんにあげる」
「え…」
「さっきまでそれ作ってたの。大変だったんだよ?」
「これ…」
「お守り。いつも愛ちゃんに守られてばっかりだったしね」


あたしのもあるんだよ、ほら。
そう言うと里沙は自分のを取り出した。真ん中には「R」と書いてある。
愛は自分が貰ったお守りを見ると、「A」と書いてあった。


「これ、イニシャルかぁ」
「そうだよ。大事にしてよねぇ」
「でも…どうしてお守り?」
「え?それ聞いちゃう?」
「聞いたらダメやの?」
「ダメじゃないけど…」


何か特別な理由でもあるのだろうか。里沙はなかなか言おうとしない。
愛は黙ったまま里沙の顔を見つめた。ただ単純に理由が知りたくて。
何度か里沙と目が合うと、里沙は観念したように口を開いた。


「愛ちゃんが、あたしを守ってくれる分、あたしも愛ちゃんの事守りたいから」


なんてゆーの?お守り作って力を貸して貰おうかなぁ、なんてね。
照れながら言う里沙の顔は真っ赤だったが、それを聞いた後の愛も同じように真っ赤だった。


「今までたくさん助けて貰ったしね」
「そんな…あたしだってそうだよ」
「だから、これからも宜しく。愛ちゃん」
「こちらこそ宜しく。里沙ちゃん」


お互い恥ずかしくて、なかなか目を合わせることが出来なかったが、それでも嬉しかった。
里沙に、そんな風に想われていたことが。
心のどこかで、里沙との距離を感じていたから。


「なるほど。これは恥ずかしいな…」


確かに光井には言えないはずだ。そういえばあの時の光井は少し顔が赤かったかもしれない。


「どーしたの?」


里沙が顔を覗きこんでくる。
さて、どうしたものか。言ってもいいのだろうか。
一瞬、怒られるイメージが頭に浮かんだが、言ってみなければ始まらない。


「あのさ、交換しない?そのお守り」
「え?」
「いや、あの…あたしは里沙ちゃんを守るから「R」のがいいな」
「じゃあ…あたしは「A」を持つってこと?」
「うん。守ってくれるんやろ?」
「ま、守るよ?」
「あたしも、里沙ちゃんのこと守るね」




あのね愛ちゃん。
あたし守りたいモノが見つかったんだよ。
あ、モノじゃないね、人だったね。

あたし、愛ちゃんを守りたいなぁ。守れるかな?

どこまで出来るか分かんないけど頑張るね。
もっともっと強くなったら、みんなの事も守れるかなぁ?

初めてだったの。こんなに素敵な仲間に出会えたのは。
無くしたくないって思ったのは、初めてだったから。




今すぐには全てを話す勇気は無いけど…でも、ちゃんと言うから。
だから…もう少しだけ、待っててね。




















最終更新:2012年11月23日 11:04