※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

vncserverを使用すればリモートからvncviewerを使用してデスクトップの操作ができるようになります。以下RHESにおける設定方法。

# まずvncにログインする一般ユーザにsuします。
su - vncでログインするユーザ名 


# ログインするユーザでパスワードを設定
vncpasswd 

# /etc/sysconfig/vncserversを編集
VNCSERVERS="1:ログインするユーザ名"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 800x600"

上記設定では5801,5901,6001のポートが稼働します。
Windowsのvncビューアを利用する場合は5901番のみサービス起動すれば
いいので・・・
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 800x600 -nolisten tcp -nohttpd"
と定義します。

# vncserverを起動
/etc/rc.d/init.d/vncserver start 


これでvncviewerにて接続できるようになります。一旦接続してみるとわかりますが、立ち上がるのはtwmなので、かなり質素なGUIです。Gnomeを立ち上げるには、初回VNC起動時に作成されるxstartupのtwm行をコメントアウトし、exec gnome-session &という一行を入れればよい。

# ~/.vnc/xtartupの編集

#!/bin/sh
# Uncomment the following two lines for normal desktop:
# unset SESSION_MANAGER
# exec /etc/X11/xinit/xinitrc
[ -x /etc/vnc/xstartup ] && exec /etc/vnc/xstartup
[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey
vncconfig -iconic &
xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
#twm &
exec gnome-session &


クライアントPCでの接続
WindowsPCなどからVNC接続する場合は相手先にVNCServerのIPとポート番号
を指定する必要があります。
尚、VNCServerのデフォルトサービスポート番号は「5901」です。























最終更新:2009年07月22日 11:21