※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

当方はアンチWindowsの傾向がある為、できるだけWindowsマシンを使わないでESXiを操作したい。

そこで、ESXi4.1にSSHでログインしてコマンドラインから色々な操作を実施します。

  1. ゲストOSの一覧を取得
    # vim-cmd vmsvc/getallvms
    
  2. ゲストOSの停止
    # vim-cmd vmsvc/power.off ゲスト一覧で表示されたVmid番号
    
  3. ゲストOSの起動
    # vim-cmd vmsvc/power.on ゲスト一覧で表示されたVmid番号
    
  4.  ゲストOSが起動中かどうかを確認
    # vim-cmd vmsvc/power.getstat ゲスト一覧で表示されたVmid番号
    
  5. メンテナンスモードへの移行と復帰
    # vim-cmd hostsvc/maintenance_mode_enter
    # vim-cmd hostsvc/maintenance_mode_exit