VAIO PCV-RX シリーズ

 [PCV-RX51/RX52/RX53/RX55/RX56]
 [PCV-RX60K/RX61K/RX62K/RX63/RX65/RX66]
 [PCV-RX70K/RX71K/RX72K/RX73/RX75/RX76]

MicroATX規格マザーボードが搭載可能。
奥行24.5cmまでのマザーが搭載可能。
I/Oパネルの改造は不要。
[RX71K/RX72K/RX73/RX75/RX76の電源] ← つまりPentium4系です
 RX72Kに標準搭載の電源はDELTA製DPS-246AB [250W]
 詳細不明。
[その他RXシリーズの電源]
 標準搭載の電源はDELTA製DPS-150BB-1 [150W] (RX70Kの例)
 サイズ・ネジ位置からSFX規格のようにも見えるが・・・詳細不明。
フロントパネルのIEEE1394&Audioの使用には配線加工が必要。
フロントパネルにある2つのUSBコネクタは、
マザーボード上のピンに各配線を入換えて接続すれば使用可能。
光学ドライブがSONY製のCRX175E以降を標準で搭載しているものは、
SONY製のDRU-500Aに換装すればベゼルを流用できる。
おそらくDRU-500A以降の多くのSONY製ドライブでベゼルの流用が可能でしょう。詳細は不明。
注意しなくてはいけないのは内部が非常に狭いこと。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2008年10月22日 14:45