※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マルチワールドの生成と管理をするプラグイン

公式リンク http://dev.bukkit.org/bukkit-plugins/multiverse-core/

コマンド一覧

コマンド 説明
/mv or /mv help ヘルプを表示
/mv create [ワールド名] [NORMAL | NETHER | END]

ワールド追加
オプションで -s = SEED -t = TYPE(FLAT | NORMAL) -g GENS

/mv unload [ワールド名]

アンロード(マップデータ、コンフィグは残る)

/mv remove [ワールド名] アンロード(マップデータは残るがコンフィグは削除)
/mv delete [ワールド名] マップデータ、コンフィグ共に削除
   
/mv info [ワールド名] [Page] 指定したワールドの情報(SEED値など)を表示
/mv list 登録されているワールドのリストを表示
   
/mv reload コンフィグファイルをリロードする
/mv import [ワールド名] [タイプ] ワールドをインポートする。
タイプ NORMAL,FLAT,NETHER,END,SKYLAND
-g [Gens] でジェネレーターを指定できる
/mv set spawn スポーン位置を設定
/mv tp [ワールド名]
/mv tp [Player] [ワールド名]
ワールド間を移動
/mv modify [...] ワールドを細かく設定出来る。PVPの有無や難易度など。
deleteを実行する場合は、コマンド入力後10秒以内に/mvconfirmと入力して処理を確定させる
権限記載方法 上記コマンド欄に対応記載

使い方動画 

導入方法

pluginsフォルダにjarファイルを配置

 

最終更新:2013年10月02日 18:23