※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放置(AFK)管理をするプラグイン。

放置している人がいるとメッセージを流し、一定時間でキック(自動切断のみ)します。

公式リンク http://dev.bukkit.org/bukkit-plugins/playeractivity/ 

コマンド一覧

コマンド 説明 権限
     
     

config.yml 設定

 activity: 検出イベントを記入します。

idle-notify: 放置メッセージ
 enabled: true (trueで有効| false で無効)
 idle:  単位は秒
 AFK: 離席中のメッセージがでるまでの秒数

idle-kick: 放置からキックするかどうか
  enabled: true  (trueで有効| false で無効)
  idle: 1800 # threshold when to kick (seconds)
  AFK: 1800

list-tag: メッセージを流す場合のグループ設定
  enabled: true
  tags:
    Away:
      priority: 1
    Idle:
      priority: 2
      idle: 600 # threshold when to apply idle tag (seconds)
    Bed:
      priority: 3

away-back: 放置とは除外するイベント?
  enabled: true
  mentions: true
  activity:
    - AsyncPlayerChatEvent
    - PlayerBedEnterEvent
    - PlayerBedLeaveEvent
    - PlayerBack

language.yml

設定例 保存は(shift-jis 改行CR+LFで動作確認)

format-code: '§'

# 1 = Current Idle Duration, 2 = Kick Idle Duration, 3 = Player Display Name
idle: '§8{0,time,HH:mm:ss}§7 {3} は §3放置中§7 !'

# 1 = Current Idle Duration, 2 = Kick Idle Duration, 3 = Player Display Name
active: '§8{0,time,HH:mm:ss}§7 {3} は §3舞い戻った§7  !(時間:{1})'

idle-notify: null
# 1 = Current Idle Duration, 2 = Kick Idle Duration
+idle-kick-reason: '放置時間({0})経過によりシステムから自動キックされました(AFK kick)'

色一覧

1
2
3
4
5
6汚きばみ
7白
8灰色
9明青

導入方法

 使い方動画

  1. pluginsフォルダにjarファイルを配置
  2. 一度サーバを起動して、起動が完了したら停止させ
  3. Pluginsフォルダ内にPlayerActivityフォルダが生成されたことを確認します
  4. PlayerActivityフォルダ内にconfig.ymlとlanguage.ymlが生成されていれば導入完了

 

最終更新:2013年10月03日 05:45