Speed Reflex


レンズ Tessar F3.5等
シャッター 布幕フォーカルプレーン T,1/15~1/1000
撮影サイズ 手札判(8×10.5cm)、名刺判等
重量・大きさ 160 x 160 x 150 mm g
発売 1926年

栗林のカメラ第一号機。布幕フォーカルプレーンの一眼レフカメラである。

Baird、ペトリカメラ作成の資料によれば1919年(大正8年)に製作されたとあるが、
雑誌に掲載された当時の広告によれば1926年の発売と考えられる。

(J.Baird著 Collector's Guide to Kuribayashi/Petri Cameras より著者の許諾を得て転載。
解説中に1925年9月のアサヒカメラ広告とあるが、アサヒカメラ創刊は1926年である。
また、雑誌カメラ(ARS)1926年5月号にこれとまったく同じ広告が掲載されている。)

1928年に開かれた大礼記念国産振興東京博覧会で第一位優良国産賞を受領している。
参考:http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1224945/419
(国産振興東京博覧会審査報告 : 東京商工会議所主催 大礼記念 1929年)

コマ番号419に「第四部 機械工業 優良国産賞牌 54 写真暗箱 東京市 三栄堂本店 二川栄介」が名簿中にある。
三栄堂はスピードレフレックスの販売店で二川栄介は店主であった。

二川栄介著「写真機全集」(1928年)からスピードレフレックスとその広告のページを示す。


レンズは外国製Tessar等が取り付けられていた。
(写真の個体のレンズはオリジナルと異なる)
レンズ、撮影サイズにより複数の価格で販売されていた。

1926年広告では天板が後ヒンジだが、1928年広告では天板が前ヒンジとなっており、生産時期により形態が異なる。
また、カメラ前面のレンズキャップがないものも存在する。

参考:Camera-wiki(http://camera-wiki.org/wiki/Speed_Reflex


最終更新:2017年03月01日 13:27