PETRI ES AUTO

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


●ES AUTO
レンズ C.C.ペトリF1.7/40mm 4群6枚
シャッター SEIKO ESF 2〜1/1000秒 オートフラッシュマチック機構(強制発光可)フラッシュ撮影時1/20 セルフタイマー内蔵
露出計 CdS使用 EV0.5(F1.7-2秒)~EV17(F11-1/1000)
対応フィルム感度 ISO(ASA)25~800
フラッシュ シンクロX接点 ホットシュー、シンクロターミナル
焦点調節 二重像合致式距離計連動 パララックス補正マーク
重量・大きさ 125x80x59mm 550g
価格 ¥33,000
発売 1974年6月(国内)

●ES AUTO F2.7
レンズ ペトリF2.7/38mm 3群4枚
シャッター SEIKO ESFB フラッシュ撮影時1/20
露出計 CdS使用 EV6-EV17
対応フィルム感度 ISO(ASA)25~800
フラッシュ シンクロX接点 ホットシュー
焦点調節 二重像合致式距離計連動 パララックス補正マーク
重量・大きさ 124x79.5x60mm 480g
価格 ¥24,800
発売 不明

●ES AUTO
レンジファインダー、電子式プログラムシャッター搭載。ペトリのレンズシャッター機の中で最も大口径のレンズを装備する。

ペトリコンピュータ35ではシャッターは内製されていたが、この機種ではセイコー製のものが採用された。現UCS社長でペトリOBの渡邉勝明さんによると、本社工場で組み立てを行っていたとのこと。

鏡胴部には絞り値とAからGまでのアルファベットの記された操作環があり、通常撮影時はどの位置でもプログラム制御となるが、ホットシューに、フラッシュを装着すると押されるスイッチが内蔵されており、フラッシュを取り付けるとシャッター速度が1/20になり、背面のスライドスイッチをAにセットすると低輝度自動発光モードに、Fにセットすると強制発光モードとなる。また、鏡胴部の操作環を裏蓋記載の表とフラッシュのガイドナンバーを照合しながらA-Gいずれかにセットするとフラッシュマチックとなり、絞り値にセットするとマニュアルフラッシュ撮影ができる。セイコーESFを搭載した同時期の他社機(ミノルタハイマチックE、リコーエルニカ35等)に比べ、フラッシュ装着が必要とはいえ、絞りがマニュアルで設定できる点で優れている。

国内発売は1974年であるが、1972年にPETRI Computer Ⅱとして発売されたとする資料がある。また、「ES AUTO」の部分のみプレートを貼ったモデルの写真が日本カメラショー総合カタログにみられる。このことから、当初PETRI Computor Ⅱだったのを、PETRI ES AUTOに名称変更したか、あるいは輸出先により名称を変えていた可能性がある。

このほか、カメラ名標記をボディ刻印としたもの、銘板の貼りつけとしたタイプがある。

【作例】
  • 開放?(いつかはペトリ)
  • 開放? (いつかはペトリ)
  • 開放?(いつかはペトリ)
  • 半逆光の作例(いつかはペトリ)



●ES AUTO F2.7
ES AUTOのグレードダウン型。ES AUTOと比べると、レンズは3群4枚の38㎜/F2.7に改められ、セルフタイマーとフラッシュマチック、シンクロターミナル、バッテリーチェックランプが省略された。鏡胴部にA(オート)及び絞り値を設定する操作環があり、Aは通常撮影用のプログラムオートで、絞り値はフラッシュ撮影用で1/20秒にセットされる。低輝度自動発光の機能もないことから、背面のスライドスイッチも装備されておらず、フラッシュ撮影は撮影距離とガイドナンバーに応じマニュアルで絞りを設定して行う。
また、シャッターはビハインド形式となっており、ボディの意匠こそES AUTOそのものだが、価格及び仕様は大きく異なっており、取扱説明書の記載から、カメラの名称も区別されていることが伺えることから、ES AUTOとは別機種とみるべきと考えられる。

38㎜/F2.7付きのES AUTO。セルフタイマーとバッテリーチェックランプがなく、レンズ周りや鏡胴部の意匠も40mmF1.7付きとは大きく異なる。

CarenaにOEM供給されたモデル Carena Computer II(写真提供 怪鳥様)
世界のカメラと写真用品79年版に掲載されており、ペトリカメラ倒産後の78年のフォトキナに展示されたことがわかっている。

最終更新:2020年05月04日 06:39