2017年3月5日 東京-広島オープン戦

スコア

オープン戦 東京-広島 明治神宮野球場
広島 000 050 020-7
東京 000 010 200-3
(広)○関、H石井、黒瀬、斎賀-進藤
(東)空恩院、●黛、七川、アニス-四方木田

戦評

 ペナントレースに向けて最後の調整の場、あるいはアピールの場となるオープン戦が開幕。神宮球場では、新監督を迎えて最下位からの巻き返しをはかる東京と広島が相まみえた。先発バッテリーは、広島が新エースとして期待される関とルーキーの進藤、東京はサウスポー空恩院と四方木田という大卒ルーキーが組んだ。
 初回、空恩院は宇佐美のヒットと盗塁、麦藁への四球でランナーをため、五番・小清水に抜けたドロップを打たれるが、セカンドに入った社の好守に救われて無失点。一方の関は三者凡退の好スタートを切る。関は2回にライアンにヒットを許すも、続く橋本を併殺に取り、序盤3回を打者9人で抑える好投。一方空恩院は2回も死球でランナーを出すが、ストレート主体のピッチングで好投、こちらも3回無失点、5奪三振の好投を見せた。
 東京は4回から同じくルーキーの黛が登板。連続三振を奪うなど3人で切るが5回につかまる。一死から進藤に四球、岡崎のヒットエンドランで一、二塁とすると、トップに返って渡辺がレフトに放った打球をライアンがはじき進藤が生還。広島に先制点を許す。そして二死から三番に入った犬養が、スライダーの失投を捉えてライトスタンドへ3ランショット。ここで黛は降板。三番手に七川が上がったが、代わり端四番に入った麦藁が、高速スライダーをレフトスタンドに放り込み、一挙5点のビッグイニングとなった。しかし、東京もその裏にセナがソロホームランを放ち1点を返す。
 東京は7回、先頭の秋田、社の連打でチャンスを作る。続くセナが併殺に倒れるも、三塁に残ったランナーをライアンが汚名返上の2ランで迎え入れる。ここで広島は、関から石井にスイッチし後続を断つ。
 8回、広島はこの回からマウンドに上がった四番手・アニスに対して犬養が四球を選ぶと、続く麦藁が二打席連続となる2ランを放ちダメを押す。その裏、三番手・黒瀬が代打攻勢を仕掛けた東京打線を三者三振で片づけ、最終回は斎賀が登板。こちらも三者凡退で締め、広島が試合を制した。
 広島は先発した関が6回3分の2を3失点でまとめ勝利投手。打線も麦藁が2本塁打3打点、犬養が3ランと新生二遊間が揃って結果を出した。
 敗れた東京も、黛が4失点(自責点は0)ながら4奪三振を奪い、ライアンが2安打2打点を記録するなど収穫の多い試合となった。



責任投手・本塁打

[勝] 1勝
[S]
[敗] 1敗
[本] 犬養 1号
麦藁 1号
麦藁 2号
セナ 1号
ライアン 1号


試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月05日 03:10