2017年3月5日 札幌-名古屋オープン戦

スコア

オープン戦 札幌-名古屋 札幌ドーム
名古屋000 001 001-2
札幌 013 000 00X-4
(名)●琴吹ひ、早乙女、小野寺、琴吹み-溝渕、ベティ
(札)○三浦、H真喜城、H龍造寺、S赤井-碓氷

戦評

 今シーズンから参戦する新球団同士の対決が、いきなりオープン戦初戦で実現した。札幌はローテ入りが期待されるサウスポー三浦が先発し、史上初の兼任監督となった碓氷がマスクをかぶる。対する名古屋は、注目の双子ルーキー琴吹姉妹の姉、陽奈が先発。熊本を初優勝に導いた溝渕がリードする。
 名古屋は初回、先頭のホークが四球を選ぶと、二死から四番に座った豊川がヒットでチャンスを拡大。しかし、ここは三浦がルーキーの須田をストレートで仕留めてこのピンチを切り抜ける。一方札幌も先頭の竹之子がヒット、海老名の打席で野戦があって一、二塁とするが、ドラ1スラッガー・磯江が併殺に倒れて無得点に終わる。
 試合は2回に札幌が動かす。三浦が2イニング連続の得点圏を切り抜けると、裏の攻撃で先頭打者のミコヤンが甘く入ったシュートを捉えてスリーベース。一死後、銀のセカンドゴロの間に生還し札幌が先制する。続く3回には一死からヒットと野選でランナーをためると、海老名のスリーベースで2点を追加。磯江も続いてこの回3点を奪い試合の主導権を握る。
 三浦の好投の前に、ホームが遠い名古屋は6回に反撃。3回から守備についていた横山が四球を選ぶと、須田のヒットの後、代打森下の時に三浦がワイルドピッチ。敬遠で空いた塁を埋めると、名古屋ベンチは代打に福丸を送って大量点を目論む。しかし三浦は、福丸をストレートで詰まらせて5-4-3のダブルプレーに打ち取る。その間に横山がホームを踏んだがその1点にとどめた。
 一方札幌も4回以降は立ち直った琴吹ひから追加点を取れず、5回には無死一、三塁のチャンスで三者三振に抑えられてしまう。その後両チームのリリーフが好投し、4-1スコアで迎えた最終回。札幌はキャンプの対外試合にて抑えで起用している赤井をマウンドに送る。名古屋はその赤井から一死後、溝渕がスローカーブを捉えてバックスクリーンにソロアーチを叩き込んで1点を返し、なおも二死二塁のチャンスを作る。しかし、赤井は山元をスローカーブで打ち取ってゲームセット。碓氷兼任監督の初勝利を飾った。
 札幌は勝利投手の三浦が6回1失点と好投。後続の真喜城、龍造寺も無失点リレーでつなぎ、打線では碓氷とともに東京から加わったベテラン海老名が2打点。1番を打った竹之子が猛打賞とアピールした。
 一方敗れた名古屋も、豊川が2打数2安打。9番の柊が4打数2安打と結果を残し、早乙女、小野寺、陽奈の妹・海奈の3投手も札幌の反撃を封じ、今後に期待を持たせた。 


責任投手・本塁打

[勝] 三浦 1勝
[S] 赤井 1S
[敗] 琴吹ひ 1敗
[本] 溝渕 1号

試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月05日 03:10