2017年3月5日 福岡ー横浜オープン戦

スコア

オープン戦 福岡-横浜 福岡ヤフオクドーム
横浜 200 010 013-7
福岡 002 110 000-4
(横)馴馬、釜石、○東田、S諸星-高城
(福)村坂、野崎、H羽鳥、祝部、●御剣朱-皇后崎

戦評

 昨季悲願の日本一を果たした福岡。オープン戦初戦はホームで横浜を迎え撃つ。福岡の先発は、今季投手へのコンバー
トで注目の村坂。対する横浜は、今季大阪から横浜へ移籍した馴馬が先発。

 試合は初回、一死二塁から3番・小松がHスライダーを捉えると、これがライトスタンドへの2ランホームラン。横浜が早々
に先制点を挙げる。

 対する福岡は、初回・2回と得点圏にランナーを進めるが、ここは馴馬が粘って無得点に終わる。しかし3回、一死から
ランナーを出すと、今日4番に座る神本が甘く入ったカーブを強振。これがバックスクリーンに届く同点の2ランホームラ
ンとなり、試合は振り出しに戻る。

 福岡は続く4回にもLANAがソロホームランを放ち勝ち越し。5回表に小松の犠牲フライで同点に追いつかれるも、その裏に
皇后崎がレフトスタンドにボールを叩き込み、再度リードを奪う。

 しかし横浜も8回に一死一・二塁のチャンスを作ると、戸塚がレフト前へタイムリーを放ち、4-4の同点に追い付く。

 さらに横浜は9回、岩本がフォアボールで出塁すると盗塁を決めてチャンスメイク。これに小瀬村がセンター前へのタイム
リーヒットで続き、さらに死球と野選で満塁とすると、宮島がレフト前への2点タイムリーを決め、この回3点を勝ち越す。

 最後は対戦相手・福岡から移籍した諸星が三者凡退で抑えて試合終了。横浜が敵地でオープン戦1勝を挙げた。

 横浜は、今季から背番号1を背負う小松が3打点の活躍。岩本・小瀬村も揃って2盗塁を決めるなど自慢の俊足を披露。リ
リーフ陣も好救援を見せた。
 福岡も被弾こそしたが、村坂が3回を被安打3とブランクを感じさせないピッチング。野手も大友・神本の猛打賞を筆頭に
15安打を放ち、また得点は全て本塁打で挙げるなど自慢の打線はまだまだ健在だ。

責任投手・本塁打

[勝] 東  田 1勝
[S] 諸  星 1S
[敗] 御 剣 朱 1敗
[本] 小  松 1号
  神  本 1号
  LANA 1号
  皇 后 崎 1号

試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月05日 04:24