2017年3月8日 札幌-東京オープン戦

スコア

オープン戦 札幌-東京 札幌ドーム
東京 000 002 000-2
札幌 200 000 01X-3
(東)小坂、萱村、●アニス-四方木田、牧田
(札)柳生、真喜城、H龍造寺、○最上、S赤井-碓氷

戦評

 前日に名古屋との新球団対決を制した札幌、今回はPGB最古参の東京を迎えての一戦。札幌は柳生、東京は小坂と、共に昨シーズン
横浜でプレーした両投手が先発でマウンドに上がる。

 東京は初回、一死一・三塁のチャンスにこの日4番に抜擢された四方木田がレフトへのフライを打つ。犠牲フライで先制と思われ
たが、ここはランスの好返球もあり、ホームのクロスプレーはアウトの判定。先制を逃す。

 その裏、札幌はフォアボールのランナーをバントで送りチャンスメイク。続く3番・海老名が甘く入ったストレートを一閃すると
これがバックスクリーン直撃の2ランホームラン!札幌が首尾よく2点を先制する。

 反撃したい東京は4回、一死二塁のチャンスを作ると、四方木田が今度はセンターへ抜けるヒットを放つ。このヒットで二塁走者・
秋田が一気にホームを突くが、ここも札幌の守備が冴え、ホームタッチアウト。東京の反撃の芽を摘み取る。

 しかし6回、東京がツーアウトから水無月・四方木田の連打でニ・三塁とすると、札幌は柳生から真喜城にスイッチする。しかし
5番・橋本がストレートをセンター前にはじき返すと、今度はこれが走者一掃のタイムリーヒット!ここで東京が同点に追い付く。

 東京はさらに7回・8回にも得点圏へランナーを進めるが、札幌のリリーフ陣を前にあと一本が出ない。

 東京の攻撃を凌いだ札幌は8回裏、先頭の劉がフォアボールで塁に出るとすかさず盗塁を決め、勝ち越しのチャンスを作る。すると
2番・竹之子がレフトへ決勝のタイムリーツーベースを放つ。その後、最終回を赤井が抑え、札幌がホームでオープン戦2連勝を飾っ
た。

 札幌は、柳生が6回途中を2失点でまとめる好投。前日結果を残した海老名・竹之子がそれぞれ先制打と決勝打を放ち、勝利に貢献。
また守備陣も随所で失点の芽を摘む好プレーを見せた。

 東京は、二番手・萱村が3イニングをヒット1本で抑える安定したピッチング。野手も四方木田・橋本がそれぞれ2安打とクリーン
アップでの起用に応えた。

責任投手・本塁打

[勝] 最 上 1勝
[S] 赤 井 2S
[敗] アニス 1敗
[本] 海老名 1号

試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月08日 08:07