2017年3月12日 名古屋-東京オープン戦

スコア

オープン戦 名古屋-東京 ナゴヤドーム
東京 002 000 000-2
名古屋000 001 100-2

(東京)神波、星菜、H大藤、長峰-四方木田、牧田
(名古屋)甘楽、早乙女、練祠、真壁、琴吹み-溝渕、ベティ

戦評

 前の試合で福岡から初勝利を挙げた名古屋と、そろそろ初勝利のほしい東京とのオープン戦。先発は名古屋が横浜から移籍した甘楽、東京は4年連続の開幕投手を狙う神波。
 序盤、両投手は快調な立ち上がりを見せた中、先手を取ったのは東京。三回に先頭の九番打者・高田が難しいシュートをうまくとらえて三塁打を放つと、社の四球でチャンスを広げて、この日三番に座った小師が、甘楽の決め球・アイシクルボルトをセンター前にはじき返し先制点。さらに満塁としてライアンがレフトへ犠牲フライを放ち追加点を挙げる。
 東京は先発神波が5回を無失点と好投したが、二番手の星菜が名古屋の反撃にあう。六回、エラーと四球でランナーを置くと、名古屋は代打・小喬がセンターへタイムリーを放って1点を返すと、七回に二死二塁から溝渕がタイムリースリーベースを放って同点に追いつく。
 なんとか勝ち越したい東京だが、四回以降は甘楽の好投と名古屋の継投の前にチャンスすら作れず無得点。一方の名古屋も最終回、東京の守護神・長峰を二死満塁まで追い詰めながら、ベティが打ち取られてサヨナラならず、両者引き分けとなった。
 東京は神波が好投したほか、打線は高田がチーム唯一の複数安打で開幕スタメンへアピール。名古屋は前の試合で勝ち越し打を放った小喬がタイムリーを放ち、溝渕と指名打者に入った囲が2安打を記録した。

責任投手・本塁打


試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月12日 12:16