2017年3月12日 福岡-熊本オープン戦

スコア

オープン戦 福岡-熊本 福岡ヤフオク!ドーム
熊本 010 002 010-4
福岡 000 000 010-1
(熊)○若林、H鳶嶋、高倉、S小村-法条、エヴァ
(福)●星空、祝部、羽鳥、力田-二神

戦評

 開幕前唯一の九州ダービー。熊本はエース左腕の若林、福岡はドラフト1位ルーキーの星空が先発。
 先制したのは熊本。二回、一死から三連打で満塁とすると、九番・法条がレフト前にタイムリーを放つ。しかし、二塁ランナーの佐屋木もホームを狙ったが、レフト大友からの好返球で阻止される。熊本は四回に無死一、二塁と追加点のチャンスを迎えるが、星空は後続を断ってピンチをしのぐ。しかし、若林もエースの貫禄を見せつける好投で福岡打線を封じる。すると六回、二死から佐屋木がヒットを打つと、続く福田が星空のストレートをバックスクリーンに運ぶ2ランショットを放って追加点を挙げる。
 反撃したい福岡だったが、七回に熊本の二番手のルーキー・鳶嶋から先頭の野村がヒットを放つが無得点。すると八回に山口のタイムリーでさらに引き離される。その裏、熊本の三番手高倉のワイルドピッチでようやく1点を返したものの、最終回も小村に抑え込まれ、オープン戦三連敗となった。
 福岡の先発星空は援護がない中で6回3失点といわゆるQSをクリア、同じくルーキーの祝部も1イニングを三人で片づける好投を見せ、打線では四番に座った大友が2安打と気を吐いた。次こそ勝利をもぎ取りたいところだ。
 一方熊本は若林が6回を完封し状態の良さを示したほか、山口が3安打1打点、福田が本塁打含む2安打と開幕スタメンへアピール。昨年全試合出場の佐屋木も猛打賞で貫録を見せた。

責任投手・本塁打

[勝] 若 林 1勝
[S] 小 村 1S
[敗] 星 空 1敗
[本] 福 田 1号


試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月12日 21:13