2017年3月12日 広島-大阪オープン戦

スコア

オープン戦 広島-大阪 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
大阪 002 000 100-3
広島 002 000 011X-4
(大)舞弓、H丹波、H唯川、川澄、●大和-シンディー
(広)要、石井、牧野、○斎賀-城下

戦評

 互いに2連勝で迎えるオープン戦第3戦。前節二桁得点を挙げた大阪はルーキーの舞弓が先発。広島は要を先発に立て、大阪の強力打線に
立ち向かう。

 試合はまず3回表、大阪が連打で一・二塁とすると、相川が難しいコースのミラージュにうまく合わせてライト前へ先制タイムリーを放つ
と、なお一・三塁の場面でダリアがセンター返しのタイムリーヒットで続き、2点を先制する。

 しかし広島も負けじとその裏、先頭の渡辺がヒットで出塁するとすぐさま盗塁を決めチャンスメイク。犬養が送りバントを決め三塁まで進
めると、今日3番に座る麦藁がセンター前へタイムリーを放ち反撃。さらに連打で満塁とすると、伊集院のライトへの犠牲フライで同点に追
いつく。

 試合中盤は味方の好守もあり無得点。舞弓・要は共に2失点で試合を作り、リリーフ陣に後を託す。

 先発投手の好投に応えたい両チームだったが、先に均衡を破ったのは大阪。デットボールを足掛かりに二塁までランナーを進めると、相川
が甘いストレートを捉えると、センターの頭を超えるツーベースヒット!これが今日2本目のタイムリーとなり、大阪が勝ち越しに成功する。

 勝ち越した大阪は守護神・川澄を8回に投入する。しかし小清水が高速シンカーを右中間に持っていくと一気に三塁まで進塁。さらに伊集
院がストレートを流し打ちするとレフト前へ落ちるタイムリーヒットとなり、再び同点に追いつく。

 さらに広島は9回、大阪の5番手・大和に対して連打とフォアボールで満塁とし一打サヨナラの場面を作る。ここで今日4番バッターのル
ーキー・大喬がストレートを引っ張ると、これが三遊間を破るサヨナラタイムリー!広島が二度のビハインドを物ともせず、劇的な勝利で3
連勝を飾った。

 広島は要が6回2失点と昨季見せた安定感は今年も健在。4番起用の大喬がサヨナラヒットも含め猛打賞。伊集院が2度同点打を放ち、麦
藁はこの3試合全てで打点を挙げるなど互いに勝負強さを見せた。

 一方の大阪も、舞弓が同点に追いつかれた後も崩れることなく5回を2失点でまとめてゲームメイクすれば、メリッサ・ダリアが3試合連
続ヒットと好調をキープ。相川も2本のタイムリーヒットを放ち猛アピールを見せた。

責任投手・本塁打

[勝] 斎 賀 1勝1S
[S]         
[敗] 大 和 1敗  
[本]         

試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月13日 03:11