2017年3月15日 広島-名古屋オープン戦

スコア

オープン戦 広島-名古屋 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
名古屋 000 241 000-7
広 島 300 020 000-5
(名)○京良城、H小野寺、H練祠、H早乙女、H真壁、S御剣龍-ベティ、溝渕
(広)●中桐、牧野、筑紫、浅間-城下

戦評

 8球団中唯一オープン戦無傷の3勝を挙げている広島。前節に引き続きホームで名古屋を迎え撃つ。広島の先発は中桐。対する
名古屋の先発は東京から新加入の京良城。

 広島は初回、連打で一・二塁のチャンスを作ると5番・遠野がチェンジアップを捉え、バックスクリーンに飛び込む先制の3ラン
ホームラン!広島が幸先よく先制点を奪う。しかし名古屋先発・京良城はすぐ立ち直り、2回以降は凡打の山を築いていく。

 一方の広島先発・中桐は味方の好守もあり、3回までは無得点で試合を進めていく。しかし4回、名古屋はツーアウトからエラーで
ランナーが二塁に進むと、ベティがライト深くまで打球を運び、これがタイムリースリーベースとなり1点を返す。さらに山元もタイ
ムリーヒットで続き、1点差に詰め寄る。

 名古屋は続く5回に猛攻を見せる。まず加賀がヒットで出塁するとすかさず盗塁を決め二塁へ。すると続くホークがツーベースを放ち
二塁ランナーの加賀が生還、まずは同点に追いつく。さらに豊川のスリーベースでホークが勝ち越しのホームを踏むと、今度は横山が
とどめの2ランホームラン!クリーンアップの連打で名古屋が一気に逆転に成功する。

 しかし3連勝中の広島も怯むことなく直後の5回裏にすぐさま反撃。岡崎、久住の連打で一・三塁とチャンスを作る。その後ツーアウ
トまで取られるが、青木が甘く入ったカーブをしっかりと捉えると打球はライトの頭上を超える長打に。これが走者一掃の2点タイムリー
スリーベースとなり1点差に詰め寄る。

 だが名古屋も6回、二番手・牧野から一死満塁のチャンスを作り上げると、前の打席でホームランを放った横山がバッターボックスへ。
すると横山がストレートを豪快に引っ張ると打球は三遊間へ!この打球を進藤が好捕するも、ホームは間に合わず一塁へ送球。その間に
三塁ランナーが還り、点差は2点に。

 その後は互いに譲らずゼロ行進。広島は9回にホームランが出ればサヨナラの場面を作るが、ここは御剣龍がセーブ王の意地を見せ、無
失点で抑えて試合終了。中盤の失点が響いた広島は4連勝とはならなかった。

 名古屋は京良城が5回5失点ながら粘りの投球で勝ち投手に。後を継いだリリーフ陣も完封リレーで勝利に貢献。クリーンアップの3人が
揃って打点を挙げるなど、徐々に基盤を整えつつある。

 広島はルーキー・浅間が四番手として登板、1回を三者凡退で終える上々のデビュー。また遠野が先制ホームランで3打点、青木が追撃の
2点タイムリーを放つなど、若手とベテランが共に気を吐いた。

責任投手・本塁打

[勝] 京良城 2勝
[S] 御剣龍 2S
[敗] 中 桐 1敗
[本] 遠 野 1号
   横 山 1号

試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月15日 07:08