2017年3月22日 広島-札幌オープン戦

スコア

オープン戦 広島-札幌 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
札幌 000 000 000-0
広島 000 200 10X-3
(札)●三浦、真喜城、白縫、最上-羽田
(広)○堤口、H筑紫、H石井、H黒瀬、S斎賀-城下

戦評

 広島が堤口、札幌が三浦とローテーション入りが期待される投手同士が先発した一戦。序盤は二人の好投でスコアボードにゼロが並ぶ投手戦となる。
 試合が動いたのは4回。広島は藤瀬のヒットなどから二死満塁のチャンスを作ると、宮瀬が三浦のスライダーをレフトに上手くはじき返して、先制の2点タイムリーとなった。
 広島は堤口が5回を無失点で投げきると6回から継投策。筑紫、石井、黒瀬が引き続き札幌打線を無失点に封じていく。
 7回には札幌の2番手・真喜城から代打小清水がツーベースを放ち、城下のタイムリーで貴重な追加点。最終回も新クローザー・斎賀が三者凡退で締めくくり、札幌打線を4安打に抑える完封リレーを披露した。
 敗れた札幌であるが、先発三浦が6回2失点(自責0)とQSをクリアする好投。打線では九番に入ったフレイアが2安打を放って気を吐いた。

責任投手・本塁打

[勝] 堤 口 1勝  
[S] 斎 賀 1勝2S
[敗] 三 浦 1勝1敗
[本]         

試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月22日 15:24