2017年3月26日 福岡-広島オープン戦

スコア

オープン戦 福岡-広島 福岡ヤフオクドーム
広島 000 010 000-1
福岡 000 101 00X-2
(広)●アレッタ、浅間、牧野-城下
(福)○坂崎、S桃園-二神

戦評

 未だ勝利の無い福岡と両リーグ最多の5勝を挙げている広島との一戦。広島はアレッタ、福岡は坂崎か先発マウンドへ上がる。

 広島先発・アレッタは得意のストレートを武器に3回までパーフェクトピッチング。対する坂崎も3回の満塁のピンチを切り
抜け、4回まで広島打線に得点を許さない。

 両先発の好投に先に応えたのは福岡。長見根がライト前ヒットで出塁すると、持ち味の俊足を活かして二塁、更に三塁への盗
塁も成功させる。これに続く水口がしっかりとスクイズで長見根を還し、1点を先制する。

 ところが直後の4回、広島が連打と送りバントでランナー二・三塁とすると、犬養のショートへの打球がタイムリー内野安打
となり同点に追いつく。勝ち越しを狙う広島は、5回にも連続フォアボールでノーアウト一・二塁のチャンスを作るが、センタ
ー・島津、ファースト・野村の好守に阻まれ、無得点に終わる。

 するとその裏、福岡はフォアボールとヒット、さらに送りバントで4回の広島同様にランナー二・三塁の場面を作ると、大友
のショートゴロを久住が痛恨のタイムリーエラー。これで福岡が再びリードを奪う。

 その後は後続の投手から両チームがチャンスを作るものの、得点は入らずにそのまま2-1で試合終了。福岡が最終戦でオー
プン戦初勝利を手にした。

 福岡は投手陣に不安が残るものの、本塁打・盗塁はシリーグ最多と長打力・機動力は好調。一方の広島は全チームで唯一のチ
ーム防御率1点台を記録。雪辱へ向け好スタートを切った。

責任投手・本塁打

[勝] 坂 崎 1勝
[S] 桃 園 1S
[敗] アレッタ 1敗
[本]

試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月26日 03:40