2017年3月26日 横浜-名古屋オープン戦

スコア

オープン戦 横浜-名古屋 横浜スタジアム
名古屋000 000 202-4
横浜 000 000 000-0
(名)プラティ、○大友、H琴吹み、御剣龍-溝渕、ベティ
(横)馬家、Hサンダース、●東田、村雨、諸星-真中、前橋、池咲、久慈、高城

戦評

 オープン戦最終戦。敵地に乗り込んだ名古屋はプラティ、迎え撃つ横浜は馬家が先発。ともに開幕投手が有力視されており、試合はその実力に恥じない投手戦となる。
 序盤の3イニングは、馬家が打者9人4奪三振とパーフェクト、プラティも負けじと戸塚への四球のみと快調な滑り出し。
 4回、名古屋は一番ホークが両チーム通じての初ヒットとなるツーベースを放ち、犠打で三塁にすすめ先制のチャンス。しかし、葦川の一塁ゴロの間にホークがホームを狙うも本塁で封殺。続く豊川がツーベースを放つというややチグハグな攻めでチャンスを活かせず無得点に終わる。一方横浜はその裏に真中が四球で出塁も併殺で二塁を踏めず無得点。
 両投手は5回を投げ切って無失点。特にプラティはなんと被安打0の“怪投”を披露した。
 試合が動いたのは7回。名古屋は連打と四球で一死満塁のチャンス。ここで代打福丸がセンター前へ先制のタイムリーヒット。さらにエミーネがスクイズを決めて追加点を挙げる。名古屋は9回にもホーク、葦川のタイムリーでダメを押す。
 反撃したい横浜だったが、8回二死からようやく平下が初安打。最終回も御剣龍から先頭打者・高城がヒットを放つも後続が続かず。二塁すら踏めず屈辱の完封負けを喫した。
 勝利で最終戦を飾った名古屋は、プラティに続いて大友が2回パーフェクト。打線も中軸を期待されるホーク、葦川、豊川が2安打と順調な仕上がりを見せた。対する横浜は5人がマスクをかぶるなど、多彩な選手起用で不気味さをちらつかせたが、3連敗でリーグ最下位。不安を残して開幕を迎えることになった。

責任投手・本塁打

[勝] 大 友 1勝
[S]       
[敗] 東 田 1勝1敗
[本]       

試合詳細

+ ...

打撃成績

+ ...

投手成績

+ ...
最終更新:2017年03月26日 16:45